2014年という名前の1年間は
僕にとってビジネスセンスのある人とない人に
出会い続ける1年間になりました。

ビジネスセンスの無い人にも色々な
パターンが有りますが、例えばこれから書く
性格の人は代表的なところでしょう。

それは楽して稼ぎたいという人です。

これ、実は僕や僕の仲間、お世話になっている人
成功している人はすべて「楽して稼ぎたい」と
思ってはいるのですが、考え方が違います。

それは「楽して稼ぐために3年間で人の10倍頑張る」
というように、先々楽に稼げるような土台を作るために
普通の人の何十年分も動くのです。

しかしセンスが無い人は
「来月からヒルズ族になりたいなぁ」
という感じで何もしないだけですね。

また、これらの人は目の前のチャンスに気が付きません。

大チャンスを周りがお膳立てしてくれていても、
あとはゴールを決めるだけという状況でも
責任を負いたくないのでシュートしなかったり
ボールから逃げたり平気でしてしまいます。

で、僕は思ったのです。

ビジネスセンスがあるないではなくて
心があるか、心が熱いか、頑張れるか、という
人間的な内面が結果に出ているだけなのだろうと。

内面が悪い人は成功をしていない
これ、あながち間違いではないですよ。

Twitter

おすすめ記事