物事には波ってのがあります。
体調も人間関係も仕事も恋愛も良い時ばかりの人はいないでしょうし、悪い時ばかりの人は・・・まぁいるんですけど、それは多くの場合本人の努力不足が招いているのでしょう。

僕が商いとする競馬でも波というのはありますから、良い時も悪い時も表裏一体でコロコロ変わります。
まぁそんな中で指数の配信コンテンツとか情報発信コンテンツを運営しているわけですが(よく間違えられますが予想屋ではないので予想配信はしないし、同じ買い目を数百人に配信なんてことをしたらオッズが下がって成立しないです。)新規の利用者の方もいれば長年の会員様もいますし、退会する人だって当然います。

で、10年以上この活動をしていて面白いなぁと思うのが退会者が最も多い時。
これって普通に考えたら「コンテンツの調子が悪い時」だと思いませんか?
それがね、違うんですよ。実際には「コンテンツが絶好調の時」に退会者が最も多いです。

最初はなぜなのか?と考えましたが、実際に話しを聞いてみたり、またその行動について真剣に考えてみると1つ答えであろうものが見つかりました。
それは「なぜコンテンツがここまで好調なのに自分は負けたんだ」と思う人が辞めるということなんですね。

例えば先週の重賞で1着10番人気の穴を僕のコンテンツでは推奨していました。
ゴールした瞬間「嬉しい、でも退会者が急に出るぞ」と予測したのですが、案の定平均1週で1人退会者が出るかどうか?という中で3人も退会者が出ています。

指数でも1位がバリバリ好調だとバリバリ退会者が出てきます(苦笑)

これ悲しいことですが人間の心理とか競馬ファンの行動を見るという点では凄く面白いんですね。
まず競馬ファンの方で、僕のコンテンツを長年利用している人はメンタルが成熟しているのでそういうことにはならないのですが、初心者の人とか競馬歴は長いが中身は初心者というような人の特徴として「継続力が無い」ということがあります。
それと同時に「期待値が高い馬がわかろうがなんだろうが、不安だから1番人気は絶対買ってしまう」みたいな行動も多い(勝ちたいではなく当てたいの人になっている)ので、結果的に他の会員様が盛り上がっている中で自分だけプラスになっていなかったりするわけです。

次に、人気薄を買う勇気が無いことが多い。これも勝ちたいより当てたいに思いが傾くことで起こる大きな特徴です。
例えば10番人気30倍の馬に買える要素が多くても「そんな人気薄を信用できない」となるわけです。
ハッキリ言えば、買える要素が満載の10番人気よりも、不安要素だかけの1番人気の方が勝率は高いんですよ、間違いなく。
ですが、1番人気で2倍のオッズの馬だと50%勝利してトントンです。でも100倍の馬でも勝率2%あれば大儲けですよね?
この計算ができないレベルで算数が苦手な競馬ファンって悲しいかなそこそこいます。
でもまぁ大半の人は理解しています、でも理解していてもそれが実行できないんですよ。なぜなら当てたいから。

そりゃね、これが飲食店とかで「8月の売り上げだけで利益が大きく出る」とかだとつらいですよ。
そこまでの資金繰りが大変ですからね。建築系とかでもそうでしょう、年間で見れば黒字だけど翌々々月に入金でそこまでの資金繰りができないから潰れるようなこともありますから。

でも競馬はギャンブルです。よく資金がショートしたなんて言う人もいますが、そもそも全財産で競馬をやることはないでしょう。
使える資金でスタートする、そしてその間もお仕事などで収入はあるでしょうから補填はできるはずですから。

で、こういう心理から絶好調な時に勝てない、絶好調の時に勝てないなら不調の時はもっと勝てない、だから自分には向いていないという考えから退会する人が多い時期は絶好調の時となるわけです。

そもそも競馬だけではなくギャンブル全般に言えることですが、9勝1敗でも負けることがあるし、1勝99敗でも勝てることがある勝負なわけです。
サッカーなら降格ですよ(笑)でもギャンブルはスポーツじゃなく、トータルでの勝負なわけですよ。

でもギャンブル好きな人の多くはヒクソン・グレイシーになりたがるんですね(400戦無敗の異名を持つ格闘家)
ただギャンブルのヒクソン・グレイシーって小学生を400人殴るみたいなことですから、そんなもん勝ちじゃないわけですよ。
荒波の中で、不調なら中学生にタイマンで負ける、女子にKOされる、何ならウサギに噛まれて失神するとかありながらも、絶好調なときには相手が札付きのヤンキーだろうが格闘家だろうが、何ならヒグマでもぶっ飛ばしちゃうことで勝利を得るのがギャンブルです。

同じヒグマでもゴリラでも勝てる確率が少し高いときがある、そこで1回でも勝てれば君の名は「ヒグマ殺しのケンシロウ」ですよ。
でもそういう時にネズミを倒しにかかるからいつまでたっても勝つことができない。

同じ武器を手にしている他の人間がゴリラをKOして盛り上がっている時に、自分はネズミに負けていたらそりゃ嫌気もさすことでしょう。
そして結果的にそういうタイミングでその武器をそっと置いてしまうという結論を出してしまうわけです。

ギャンブルは他の勝負毎とはジャンルが違いますから、そこを理解することが勝利への第一歩になりますよ。

Twitter