新日本プロレスワールドタッグリーグ、愛知県体育館大会
現地観戦と新日本プロレスワールドで見直しての感想シリーズです。
これまでに書いたのはこちら。そして今回は最高に面白かったメインの話。

EVIL、ザックにリベンジなるか!?

愛知県体育館のメインはEVIL・SANADAとタイチ・ザックの一戦。
今回のワールドタッグリーグで優勝してほしいと個人的に思っているチーム同士の対決であり
EVILとザックの因縁、またSANADAとタイチ、EVILとタイチの絡みが楽しみで
この試合が見たいためにチケットを買ったと言っても過言ではない。

EVILとザックと言えば、まずEVILがザックに連敗中で(´・ω・`)ショボーンEVILになる事件がこの秋に起こった。

いざリベンジと組まれたシングルマッチでは試合前にジェリコに襲撃されノーコンテスト。
何ならザックも試合がなくなりザック側も怒り心頭。

そんな中、ついにタッグマッチと言えども公式戦で激突ともあれば盛り上がること必至。
力でねじ伏せるEVILと関節技と腕殺しでEVILを削るザックという構図で試合が進みましたが
徐々に試合のテーマが変わっていくのを肌で感じることに・・・

大歓声にSANADAノリノリ、タイチも大歓声を浴びて名勝負に

SANADAとタイチ、テーマはあまりないけど見たい人が多かった激突。
全日系という意地もあったのかもしれませんが、妙に噛み合い、ファンは徐々に
この二人の戦いに魅了されて行ったことを現地で感じました。
もちろんそれは新日本プロレスワールドで見直しても同じでしたよ。


SANADAも客をガンガン煽り、愛知県体育館では日頃どの選手にもないレベルで
タイトルマッチか?と思うぐらいの大歓声、大SANADAコール。

そして、今後のシングマッチを誰しも期待するであろうタイチとSANADAの戦いに
徐々にタイチコールとSANADAコールで会場が埋め尽くされて会話もできないぐらいの状態に。
何度も言いますが、愛知県体育館でここまで盛り上がったのは久々。
個人的には中邑・石井VS桜庭・柴田のときぐらいの熱狂が生まれたと感じました。

もちろん、EVILとザックも終盤熱い試合を繰り広げ、オカダのレインメーカー大喜利ならぬ
EVILのイービル大喜利のような返しをザックが何度も繰り返してフィニッシュはさせず
「いつ決まるんだ!?」と観客のボルテージも最高潮へ。

そして、EVILを切り替えしてザックドライバーの体勢を取ったところで
何とタイチが天翔十字鳳を食らわすという合体技、天翔ザックドライバーを発動して
タイチ・ザック組の勝利!!

恐らく多くの人がEVIL組勝利からのEVILマイク締め、SANADAの「愛知県が一番好きです」を
聴きたいと思っていたはずですが、この試合内容であればそんなことはどうでもいいレベルの大歓声で
愛知県体育館が熱狂に包まれていました。
ロスインゴファンの人ですら拍手を送るぐらい、近年のユニットファンとかアイドル応援に近い層すらも
試合内容でしかもタッグマッチのノンタイトル戦で熱狂させた試合は本当に数えるほどしかありません。

そして、一気にファンが増えそうなこのタイチとザックの笑顔!!

僕としてもタイチは年齢が近い(1ヶ月ぐらい違うだけ)こともありますし
口の上手さにしても実はファン思いなところとか、試合内容も好きですから
NEVER王者になった時とか本当に嬉しかったですが、それ以上にこのシーンは嬉しいですし
何だかこのタッグをもっと育ててIWGPタッグ王者まで行ってほしいと素直に思いました。

名タッグになれますよこれ、絶対。
そして同時にタイチ・SANADAのシングルマッチへの期待感もかなり増しましたし
来年のG1とは言わずNJCで、決勝で見たいぐらいに思いましたよ。

更に試合後にはSANADAにタイチのブラックメフィスト+ザックとの合体技
ザックメフィストを食らわしたことで、これ完全にNEXTがあるでしょうという期待も!!

できれば試合後の締めはタイチにしてほしかったですが
ここはやはりTAKAみちのくがマイクを握る形になりました。

ワールドタッグリーグを「ワールドカップ!」と言ってしまい笑いが起き(笑)
更に完全なる3カウント勝利を新技で見せつけたのに、デスペラードも解説席で
「ザックは関節技だけじゃねーんだよ。
「ザックとタイチの前に立ちはだかるヤツは、誰が相手でも! ジャスト! タップ! アウト!ギブアップあるのみ。」と言うので
会場からは「いや、ギブアップじゃねーよw」というツッコミもあちこちで上がりましたね(笑)

試合後のコメントはあの件も上手く取り入れるタイチ

「会社よ。俺らのことばっかり、蚊帳の外にしやがって。ハポン、CHAOS、その他大勢。死ぬぞ。トーナメントどころじゃねえぞ、この野郎」
この「蚊帳の外」については例のTAKAみちのく選手のLINE「窓際」に繋がっているのでしょう。
この辺りの使いにくいことを堂々とギリギリのラインでコメントに取り込むタイチはやはり頭脳派で言葉のセンスがありますよね。

そのコメント後に解説席のデスペラードに対して清野アナが「蚊帳の外」ということについて
デスペラード選手に問うと、これまた口の上手いはずのデスペラードも焦ったのか
「いや、俺は人気者になりたいわけじゃないからタイチが何を怒ってるかわからないけど...」と歯切れが悪い(笑)

僕からすると清野アナもそこ広げようとするのは凄いなと思ってしまったけど(笑)

優勝決定戦はEVIL・SANADA・タイチ・ザックのリマッチか?

個人的にはタッグの今年のベストバウトにノミネートされてもいいと思う試合でしたが
優勝決定戦でもう1回このカードになる可能性もあります。
全勝チームが消滅しましたし、誰しも見たいと思えるカードだと思うんですよね。

現実的に優勝決定戦進出チームを実力的に考えると
・タマ、ロア(現王者組)
・EVIL、SANADA(昨年優勝チーム)
・ランス・スミス
この3チームが本命で、続いてダークホース的に
・タイチ、ザック
・ジュース、フィンレー
という感じだと思うのです。

現在6点の矢野・石井、チャッキー・バレッタはドームでタッグタイトルマッチと考えると
微妙なところがあるので・・・、ってこれはあくまでもシンプルな1チーム同士の決勝戦であればというだけで
3WAYとか4WAYになるのであれば話も違ってくるわけですが。

EVIL組優勝→タッグ王者GET→タイチ・ザックと防衛戦でも面白いですが
いつも盛り上がらないワールドタッグリーグ、しかも棚橋・オカダという話題がある中で
それでも「棚橋・オカダより、内藤より、ワールドタッグリーグが面白かった」と言われる可能性が出てきたと思います。

特にタイチ・ザックはまだ同門対決も残していますし、何か起こる可能性まで秘めていますから
これはこのワールドタッグリーグの決勝は3WAYとか4WAYではなく、ちゃんとした形の試合形式でやってほしいですね。


プロレスランキング

Twitter

おすすめ記事