芦野が破竹の連勝で諏訪魔に到達。次戦はタッグで三冠王に触れるが・・・
スポンサーリンク

W1が崩壊し、外に出てきた芦野とアンファンテリブルの勢いが止まらず。
現時点でタッグ・シングルを含めて全勝となっている上に児玉はブラックめんそーれを引き込むなどの動きも見せており、全日本プロレスに大きな影響を与えています。

芦野はタッグマッチでジェイク・岩本に連勝
続けて宮原健斗・アキラに勝利すると、今回はゼウス・イザナギも撃破。

ただタップアウトを奪った相手は全てジュニアの選手ということもあるので、例えば前三冠王者の宮原健斗や王道トーナメント優勝者のジェイク・リー、強烈なパワーのゼウスなど直接ヘビーのトップを倒しているわけではないですが・・・それでも勝ちは勝ち、です。

この勢いのままに芦野は事務所の諏訪魔の元まで行き対戦を直訴。


諏訪魔としては「壊しがいのあるおもちゃ」と芦野を表現したこともありますので、望むところでしょう。
次戦のTVマッチではタッグでの対決が決まりましたが、ここも連勝と勢いで芦野が乗り越えていくと・・・三冠挑戦という可能性も見えてきます。

ただ、それなら諏訪魔本人から勝ってほしいですね。
タッグで岡田をアンクルで仕留めて挑戦となると、若干小狡い感じのイメージになってしまうので(汗)

ところで、芦野選手のコメントをしっかり読むと全日本プロレスへのリスペクトを感じることが多々あります。
何だかヒールって感じではないですし、外敵のユニットとしては特殊な印象もあります。
全日本プロレスに今後も継続参戦していくとなると、全日本プロレスファンからの支持も高まりそうですね。

 

Twitter