【アジアタッグ】TAJIRI&KAIとヤンキー二丁拳銃の戦いは目まぐるしいテクニック戦の名勝負に!
スポンサーリンク

かなり楽しみにしていたアジアタッグ選手権試合。
挑戦者のTAJIRI&KAIと王者組ヤンキー二丁拳銃の試合でしたが、お互いの世界観が強いチーム同士の戦いがどういう内容になるのかと想像を膨らませて正座して見ていました。

結論から言うと「あ、プロレスが好きになった頃に見ていたプロレスだ」という感じでした。
しっかりとした寝技の攻防とプロレスの魅力が詰まったテクニックの戦い。
激しい攻撃ではなくまさに「プロのレスリング」という戦いとなりました。

変な話ですが、こういう試合を全日本プロレスの生え抜きの選手や新日本プロレスの生え抜きの選手が今の時代だからこそ見せて欲しいなとは思うんですよね。


リーグ戦の中の1試合2試合ぐらいは丸め込みで意外な終わり方をするというのは近年のプロレスに多く見られますが、タッグタイトル戦がじっくりコトコト煮込んだ上でジャックナイフで丸め込んで終わって満足できるという領域を見せることができる若い選手も必要だと思いますからね・・・

 

Twitter