スポンサーリンク

後楽園ホール初日の試合後、何やら不穏なコメントを口にしたタイチ。

翌日の動向が気になりましたが、、、まず試合の気合が凄い。
YOSHI-HASHIに対しても本気モードの表情で強烈な蹴りを見舞うと早々からパンタロンを投げ捨てショートタイツ姿になるなど、気が早っている感じすらしました。

後藤洋央紀とは強烈なラリアットの打ち合いをするなど、全力でのファイトには何か感じるものが・・・

そして試合後のコメント。
どちらにとればいいのかわからないコメントではあるのですが・・・

タイチ「上村だけじゃねえか、がんばったのは。上村は身体が一つしかないんだぞ。お前らCHAOSの問題だろ、こら。お前、上村の身体は一つしかないんだぞ。……んなことはどうでもいい。昨日も言ったように、そろそろ。そろそろだ。時は来た! かもしれない」

長年のファンの方なら覚えているでしょう。
天山広吉が凱旋帰国し、平成維震軍入りを拒否し蝶野正洋・ヒロ斎藤と結託してのトリオでいきなり長州力から短時間でフォール勝ちをしたあの日。

蝶野正洋が驚いた表情を浮かべていたあの事件の日の後に長州力がブチ切れたのシーン。

※脳内再生して文字にするので細かい間違いなどはあります。

長州力「何をお前らお前らお前らコラ、お前らがお前らがお前らがお前らだろうがコラ。ふざけんじゃねーよコラ。越中だろうが山本だろうがお前らがお前らだろうがコラ。俺の体一つしかねーんだぞコラ。お前ら威勢のいいことだけいって一つの対処もできないのかコラ。越中だろうが山本だろうがお前らだろうがコラ、一つぐらい潰してみろコラ。※で、パイプ椅子を投げる」

僕ね、これガラケー時代に録音して目覚ましの時に鳴らしていたんですよ(笑)

で、これは長州力が見方の橋本真也と平田淳嗣にブチ切れたんです。
そしてシーンが変わると橋本真也と平田淳嗣が蝶野正洋・天山広吉・ヒロ斎藤と乱闘をしていて、その背後でサブゥーが天を指差すという面白シーンだったですね。

さて、それプラス「時は来た!」は当然橋本真也の名言(蝶野正洋が笑いを堪える)だったわけですが、まぁ最近のタイチ選手は長州力ワードや長州力イジりにハマっているようなので意味はないのかもしれません。

ただ、何か長州力からのインスパイアがあるのかもしれませんし・・・

革命を起こすのか、維新軍的なものを作るのか、それとも何も関係なく飯塚高史及びアイアンフィンガーの一周忌法要でもするのか・・・

全日本プロレスの遺伝子を見せることが多いタイチですが、長州力も全日本プロレスの遺伝子は持っています。
長州力が起こした事件と言えば猪木とホーガンの試合に乱入して試合をぶち壊してファンが暴動を起こしたなんてことがありましたが、何かそういう事件を起こす・・・札幌で起きなかった事件の時限爆弾はどこかに眠っているのか?

ところで、この日の試合ではヤングライオンの上村が大活躍をしました。


負けはしたものの、鈴木みのるを前にしてこの目。
僕が見続けている新日本プロレス、ヤングライオン、この目ですよ。
この目があるヤングライオンがいるからこそ新日本プロレスは新日本プロレスだと思います。

 

Twitter