スポンサーリンク

新日本プロレスでジュニア選手が活躍できるのはBOSJとスーパージュニアタッグリーグの2シリーズ。
いや、オスプレイのようにいつでも活躍している選手もいますので「主題がジュニアであるシリーズ」という方がいいでしょうか。

そんなシリーズに相方不在で参加することができないBUSHIですが、何とこのシリーズに内藤・EVIL・SANADA・鷹木は参戦するのにBUSHIの名前がありません。

ザックセイバージュニアが台風で欠場したことで両国国技館大会からも名前を消されるという運のないBUSHIですが、流石にこの扱いは気の毒ですね・・・

「髙橋ヒロムが帰ってきたら簡単に優勝してやるよ」とか強がりだとしても言えればマシですがその場すらない状況・・・

流石に最近はBUSHIが気の毒だなと思いますし、ライガー・タイガーじゃなく新日本プロレスのマスクマンはBUSHIだと言われるようにという言葉を聞いたときに感動したので・・・結構それ以前はBUSHIに対して冷たいことを書いたこともあるこのブログでしたが、今のこの状況を見るとね、擁護したくなりますよ。

ネットでの声を見ていると
「そうか、ヒロムがいないからお休みなのか」
「ヒロムがいないから仕方ないよね」
「ヒロムが・・・」と、完全に髙橋ヒロムが居てこそのBUSHIという感じの声が多いのも気の毒です。

しかーし!!

考え方によってはですよ。
髙橋ヒロムの復帰に備えてBUSHIと猛特訓中と考えてみると少し希望が生まれませんか。

時期的なことを考えても再度時限爆弾が爆発してもおかしくないですし、明日の第二試合が終わったときに「チクタクチクタク」と何かが動き出すとか・・・

まぁ、それならその場にロスインゴ全員がいないとやっぱりBUSHIが気の毒なんですが




で、BUSHIの話は置いておいて。

僕としてはやはりデビュー時から見ている髙橋ヒロムとミカ・・・じゃなくてデスペラードの戦いが大好きなんですよ。

髙橋ヒロムはドラゴンリーと戦う時とはまた違う狂気を見せてくれますし、デスペラードの色気が一番出るのも髙橋ヒロムとの試合だと思うんですよね。

なので今年のBOSJは信じられないほど面白かったですが、やはり彼ら2人がいなかったというのは今でも残念です。

でもデスペラードは万全の状態で復帰を遂げましたし、髙橋ヒロムもそろそろトランキーロではいられないのではないかと思います。

ドラゴンリーがCMLLを解雇になったことで髙橋ヒロムの理想的な復帰は遠のいたのかもしれませんが、そろそろどういう形でもいいので復帰してほしいなぁなんて思うのです。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、制御不能と呼ばれているユニットですが・・・実際どうですか?
髙橋ヒロムがいなくなってから「制御不能」って言葉がイマイチ似合わなくなっていやしませんか。

やっぱり髙橋ヒロムはキーマンだと思いますし、彼がいるいないでロスインゴ自体が全然違ってきますからね。

凄まじく魅力的な選手ですから・・・


プロレスランキング

 

Twitter