最もたちの悪い荒らし

先月、私が管理するフェイスブックページが
初めて荒れてしまいました。

荒れたと言っても、以前から
「なんでこの人は言葉使いがこんなに悪いんだ?」と
思っていた人が、突然暴走をしただけで
多くの読者様がその人に反論を書いてくれて、
彼はその後、ツイッターでも一瞬暴れたのですが
現在は落ち着いているという状況です。

で、私の立場的に、他の競馬関連の人から
どうしても妬まれるところがありまして、
「なんで竹内はあんなに読者と仲が良いんだ?」
「どうして全てさらけ出しても平気なんだ?」
なんてことから、妨害行為を受けることはあるのですが
それはまだ理解できるんです。

確かに、僕はガチで馬券をやっていて
相手は適当にやってる業者だったりしますから
妬まれる筋合いはないとも思うのですが
それでも同業がにくいとか、僕が辞めてしまえば
自分のところに人が来ると勘違いしている
業者もいたりするわけです。

(うちの読者様のほうが下手な業者よりレベル高いので
流れることはないんですけども)

ただ、ほぼ関係ないような人が
いきなり攻撃をしてきた時というのは面倒です。

なぜなら、常識が通用しないからですね。

今回は、僕の馬券が偽造だと言われたことが
きっかけでしたが、8年間何度も高配当をアップしてきて
今回偽造だと言われたのが安い馬券なんです(笑)

もちろん馬券は本物で、JRAが運営している
ネット投票サービスのものなのですが
それを指摘されても、常識が通用しない人ですから
JRAが運営しているサービスすら認めないという
どうにもならない状態になりました。

簡単に言えば、東京ディズニーランドなんて無い!
と言われているぐらいの勢いなわけです。

まぁ、一応僕は(株)オープン・アームズの方で
弁護士さんと仕事をしていますので、
あまりに酷かったら訴えてしまいますが
多分訴えて、判決が出て、罪を背負ったところで
常識がないので認めないままだと思うんですね。

意図的に、例えば特定の芸能人が嫌いで
攻撃をして捕まる人も多い時代になりましたが
そういう人は捕まった時にはさすがに自分を見つめるでしょうし
そんなことに人生の時間を使った後悔もするでしょう。

今の時代、2chはまだマシな方で
ヤフーコメント何かを見ていると、
一日中ニュースに文句をいうだけの人生を
歩んでいる人もいるわけです。

でも、彼らもどこかで治る可能性はあります。

本当に好きなことを知るとか
嫌いで動くから好きで動くに切り替わることも
十分にあるでしょう。

ただ、いきなり人の家に殴りこんできて
止めに入る人にも攻撃をした挙句
1人で叫び続けるような人は治る可能性は低いです。

でもね、そういう人もまともな時期はあったはずで
それが狂い始めた時に、なぜ周りの人が止めなかったのか?
そういうことを考えてしまいます。

リアルで弾かれた人でも生きる場所があったのが
僕は最初はラジオだと思っていて、
次がネットだと思っているのですが
リアルでもネットでも弾かれてしまったら
いよいよ行き場がなくなってしまいます。

そこで「誰でもよかった」なんて最悪の言葉で
殺人するような人が出てきている気がするのです。

今、あなたの近くに悪い方向に行っている人がいたら
ぜひ、止めてあげてくださいね。

Twitter