Numberのプロレス総選挙2019の第二次速報がありました!
前回の速報結果は↓に掲載しましたが、若干のダークネスでエブリシングな変動が起こりました!!

ぶっちぎりの1位はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也がキープ中。
ここからはもう地殻変動でも起きないとこのまま1位となりそうですが、前回2位のオカダカズチカと3位の棚橋弘至が逆転したというのは驚きでした。

IWGPを防衛した途端に投票数で欠場中の棚橋弘至に抜かれるというのはかなり切ないのではないでしょうか...

一方でそのタイトルマッチに破れたSANADAが順位を上げて5位にランクイン!
そして髙橋ヒロムがその分1つ順位を落としての6位となりました。

またつい数日前にSHOと年間ベストバウト級の試合をした鷹木信悟は12位へのランクダウンしましたが、おそらくこのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの活躍で再度ベスト10入りするのではないかと思います。

EVILが闇の世界(圏外)から20位にダークネスランクイン!!

1次速報のときには「なぜEVILがいないんだ!」とかなり悲しかったのですが、なんとここでダークネスな猛追で20位にランクインしてきました!!
その影響で20位だったジェイホワイトが圏外になってしまいましたが、これが原因で抗争が起こるかも...

それにしてもロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内での格差が大きくなってきていますね。
1位内藤、5位SANADA、6位ヒロム、12位鷹木(締切5月28日までにはベスト10に戻るのでは?)
これでなんとか今回はEVILが20位に入りましたが締切の時点ではまた圏外かもしれません。

また、悲しいのはBUSHIだけが圏外というところですね。

ただ、これがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが存在していなければ?と考えると相当順位変動はあると思います。
半数は圏外に吹っ飛ぶかもしれませんが、逆に言えばロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに所属していて支持を得れないということであればやはり結果で見せつけるしかありません。

初戦を落としたBUSHIですが、ここから巻き返して総選挙2019でもランクインしてほしいものです。

が...締切が5月28日なのでベスト・オブ・ザ・スーパージュニアが終わる前なんですよね(汗)

ちなみに私はタイチ、デスペラード、EVILに投票していたりします。

 

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter