THE NEW BEGINNING in OSAKAはジェイ帝国が生まれる建国記念日となるのか

THE NEW BEGINNING in OSAKAの見どころ

第1試合
獣神サンダーライガー・小島聡・天山広吉VS鈴木みのる・飯塚高史・TAKAみちのく
以前書いたように色々な因縁も繋がりもある構図での試合ですが、飯塚はこれがラスト2試合ということになることが大きいですね。
天山が飯塚を怪物から人間に戻すことができるのか?等々力の祠から飯塚の心を持ってこれているのか?いきなり注目ですね。

第2試合
SANADA・EVIL VS 吉田綾斗・海野翔太
現IWGPタッグ王者と生きの良い若手のタッグマッチとなりますが、昨年のワールドタッグリーグ水戸大会の再戦でもあります。
その時は危なげなく王者組が勝利していますし、試合後にはEVILが「ノーコメント!」と特に数にも入れていない試合でした。
あの時以上の内容を吉田と海野は見せることができるのか?成長を見せる場となりますね。

第3試合
内藤・BUSHI・鷹木VSタイチ・デスペラード・金丸
まだまだ続いているロスインゴと鈴木軍の抗争ですが、最終戦となりますのでここで何か動きがないとおかしいですよね(笑)
内藤がタイチの一歩踏み出す勇気を煽っていますが、その結論が出るのか?ここで動きがないとこの抗争の意味がないままシリーズが終わりますが・・・ただタイチは内藤の発言を拒否していますし、どうなることやら。

第4試合
YOSHI-HASHI・本間VSチェーズオーエンズ・高橋裕二郎
名脇役であり新日本プロレスにいなくてはならない選手4人のタッグマッチでこれは中々面白そうです。
ただ札幌までがロスインゴと鈴木軍中心だったからとは言え、このカードが内藤やタイチやEVIL・SANADAより後というのは少し疑問というか何か起こりそうで楽しみでもあります。
オカダを取られたYOSHI-HASHIと真壁を取られた本間というタッグも何だか魅力的で、相性が良いならタッグチーム結成しても面白いのでは?

第5試合
真壁・矢野VSタマ・タンガロア
第51代IWGPタッグ王者の真壁・矢野の元GBHタッグと第70代 第72代 第76代 第81代IWGPタッグ王者のタマ・ロア組という元王者対決。
この試合で勝ったタッグがEVIL・SANADAに挑戦する形になるのでしょうか?ところでタマ組は4回王者になってますが防衛数はトータルで2回、真壁組は4回防衛ですからこの場合どちらに価値があるのでしょうね。考えたこともなかったです(笑)

IWGPジュニアヘビー級選手権試合
田口隆祐VS石森太二
KUSHIDA対談に伴いジュニアのエースに戻ることになった田口監督と、勢いある石森の一戦。
前哨戦から大きく盛り上げてきた両者ですが、久々に本気モードの田口が見れるというのは嬉しいですね。

スペシャルシングルマッチ
オカダカズチカVSバッドラックファレ
オカダが下降線の時に必ずと言っていいほど対峙するイメージのあるバッドラックファレ。
いつもはファレがオカダを落とし切って、またオカダが浮上する踏み台にもなってしまうファレですがここであっさり負けてしまうわけにはいかないでしょう。
ただオカダもジェイに負け、ファレに負け、タッグでも活躍できずとなると流石にここで負けるのは厳しい。

ここでオカダはしっかり勝利してNJCでの優勝を目指すというのが目標になるのでしょうか?

IWGPヘビー級選手権試合
棚橋弘至VSジェイホワイト
何年か前、棚橋弘至は王者として若いオカダを挑戦者に迎えて敗北し、その試合はレインメーカーショックとして今でも語られていますが、似たようなシチュエーションでジェイホワイトと対峙するタイトルマッチに。
いや、似たようなと言ってもオカダは未知数でしたがジェイは当時のオカダを遥かに超える実績を持っていますので棚橋弘至ピンチか?というところですし、ジェイホワイトのスイッチブレードショックの日となるのだろうか?

THE NEW BEGINNING in OSAKA、大阪で何かが始まるという名の大会。
そして明日は建国記念日。ジェイホワイトが新日本プロレス帝国を支配し新しい国を作る記念日となってしまうのか?


プロレスランキング

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

 

Twitter