この大会のここまでは別記事でも書いておりますが
鷹木・BUSHIは残念ながら優勝できず、SANADAは試合が組まれず
ロスインゴに嫌なムードが流れる中での内藤VSザック戦がセミファイナルで行われました。

ロスインゴファンとしては「頼んますよ」という気持ち半分
「でもここで内藤が勝つとメインのEVILが不安」などなど
色々な気持ちで見ることになった試合だったのではないでしょうか。

内藤、ようやくザックにリベンジ

今年の内藤は良いところ無しで進んできましたが
その中でもザックに2連敗したというのは解決しておきたいことでしょう。
橋本真也がトニー・ホームや天龍に2連敗したことなんかも思い出しつつ
3度目の正直に期待しましたが、しっかりとリベンジを達成してくれました。

ビッグマッチでたまに使う変形のノーザンライトボムのような技で
大ダメージを与えてからのデスティーノで完璧な勝利となりました。

鈴木軍との抗争が、鈴木みのるとのシングルで終わらずに
ザックとのシングルで一応の完結をするというのも時の流れでしょうか。

ジェリコとEVILの試合はお互いのフィニッシャーを返し合う戦いに

当初よりジェリコVS内藤を予想していたのですが
「新日本プロレスで誰を一番に応援してますか?」と言われればEVILの私ですから
新日本プロレスをひっくり返すような結末を願っていました。

・・・まぁ他の記事でも書きましたけど「この大阪大会は事件だらけになる!」と
多くの人が思っていたのに、何とこの大会、ここまで特に何も起こらず(笑)

ならばサプライズはEVILの勝利から内藤とドームでシングルだ!

試合は序盤からお互いのラフな部分が全力で出ている試合でした。
ジェリコのテーブルへのDDTは脳天がまさに突き刺さるエグい攻撃。

その後、新日本プロレスのロゴの入ったマットで鼻をかむという暴挙に出るジェリコ。
この役者の違いというか、世界をダークネスワールドではなくジェリコワールドにしてしまう
魅せ方のセンスというのはやはり世界のクリス・ジェリコ。

しかしEVILもここ一番で使う、断崖式のテーブルへのEVILで捨て身の攻撃をするなど
この試合への意気込みを全力で出して徐々にダークネスワールドに引きずり込む。

そして試合終盤、何とEVILのフィニッシャーEVILがジェリコに決まる!
完璧に決まったので「うおおお、勝ったやん!」と叫びましたが何とカウント2で返されてしまう。
これにより、EVILには正直打つ手がなくなったと言える状況に・・・

(これはね、新必殺技を作るしか無いぞEVIL)

「いや、でもヒロムのタイムボムを使うとか奥手がまだあるかも」

なんて思っている中でコードブレイカーをEVILが食らってしまい
「あぁ、終わった」と思うと何とカウント2で返す!!

しかし、クリス・ジェリコにはもう1つあるのです。

そう、ウォールズ・オブ・ジェリコが・・・

見た目は子供・頭脳は大人・・・はコナンか。
そうじゃなくて、見た目は逆エビ・でもこれはウォールズ・オブ・ジェリコ。

耐えてほしかったですが、無念のタップ。

ふと「ヤングライオン時代を思い出しているのかなぁ」なんて思ったりして
感傷的になりましたが、新日本プロレスの選手がこの技で負けるというのは
普通に負けることの何倍も悔しいことでしょう。

そして、恐らくEVILにリベンジの機会は巡ってこないですからねぇ。

これにて、本日のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは内藤の勝利だけとなりました。

東京ドームはジェリコVS内藤か

試合後にEVILを痛めつけるジェリコへ襲いかかったのは内藤。
予想通りの展開ではありますが「もしかしたらSANADAが来るか?」と
期待した部分もあったのですけどね・・・

そしてジェリコに挑戦表明。
考えてみると1月5日にジェリコに襲撃され
その後、また襲撃されて大流血をさせられ
6月にはインターコンチネンタルをジェリコに奪われている内藤ですから
発端の日からすれば1年以上先送りにできないリベンジ。

結果的にあれから364日でそのチャンスが回ってきそうです。

ジェリコは内藤とはやらないとコメントしていますが
内藤には「お前に決定権はない」とコメントしていますし
ドームでのカードならこの2人で決定でしょう。

少々気の毒なのは先程書いたようにEVILはそもそもの話で
ザックへのリベンジマッチの入場時にジェリコに襲われてノーコンテストになり
リベンジができない状態でジェリコと戦うことになり負け。
ジェリコへのリベンジができない可能性が高い中で、仮に今後当初の目的である
ザックとのリベンジ戦があったとしても所詮それは「内藤に負けたザックとジェリコに負けたEVIL」ですし
大阪大会で負けたもの同士の敗者復活戦みたいなカードになってしまいます。

もちろんこれはザックも気の毒で、内藤に2連勝しているのに
ジェリコVS内藤への寄り道みたいになってしまったことでしょうか。

そして内藤もインターコンチネンタルをまた手に入れてしまうと・・・
そろそろ愛着もあるんじゃないの?とも思うんですけど(笑)
でも、IWGPを狙うには年齢的にそろそろ終盤戦でもありますし
やはり1回巻いて防衛できずに終わったチャンピオンで終わってほしくはないです。

前回はSANADAの乱入もありましたし、できれば正々堂々の試合で勝って
1回ぐらいしっかりとIWGPを腰に巻いてほしいと思うのですけどね。


プロレスランキング

ところで、大阪大会で起きたことって・・・

波乱・伏線・フラグ・行動・結末・NEXT

色々な言葉が頭にあった大阪大会だったのですが
オカダ、棚橋、飯伏、ケニーなど前半は特になにも起こらず。
後藤が飯伏を指名するという「なんで?」ぐらいはありましたが
その他は大半のファンが思う通りで結末。

一番の波乱が「石森が仮病だった」という・・・(笑)

ワールドタッグリーグで動きがあるのか?
ドーム・・・では細かいことはあまりないので
1月5日まで一旦何もない感じになるのか?

しかし、終わってみれば地味だった大阪大会。

YOSHI-HASHIやヒロムの乱入は無いにしても
何か挨拶とか途中経過の発表とかぐらいもなかったし
そう言えば北村とかもう復帰はないのかな?

何より・・・SANADAよ!SANADA!まじで役割無しとは。

「ヒロムが戻ったときにより大きなロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンであるために、新パレハを加入して~」

というところで鷹木が加入したのに、その途端にSANADAが試合に出てもいないって
何だかとても不自然というか中途半端になってきてますよねぇ。

これでワールドタッグリーグにEVIL&SANADAでエントリーされても
「いや、SANADAはセコンドにすらつかなかったじゃん」って言われちゃうじゃないですか。

この状況って、恐らくアンチロスインゴの人とかではなくて
ロスインゴファンの人の方からの批判が出ると思うんですよねぇ。

「ヒロムのためにも結束する」という状況が全く見えないですし
最強ユニット感があれほどあったのに、急激にユニット感が減少してますもん。

これは想像なんですけど、このロスインゴの状況に対して
まず高橋ヒロムのファンは最も不満を感じているでしょう。
鷹木・BUSHIのファンも今日はガッカリしてますよね。
EVILファンの人は「内藤の踏み台?」って思うでしょうし
SANADAファンの人も「順番的にジェリコとSANADAでいいじゃん!」って思いそう。

これね、早くヒロムが戻って来てもう1回ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの形を
しっかりと見せないとですよ、また内藤があの頃のような立場に戻りそうな悪い予感がします。

それだけは避けてほしい。


プロレスランキング

 

 

Twitter

おすすめ記事