ザ・ウーマン

ここ半年ぐらいまた頻繁に一緒に飲むようになった
某動物病院のS先生、もう10年の悪友?的な存在ですが
そんな先生が「これ見てね!」と貸してくれたDVDの中の1本が
ザ・ウーマンというぶっ飛んだ映画。

食人族の女をハンティングした弁護士クリスが
その女を監禁して飼育するというような映画なのですが
普通の映画だと食人族というキャラがいるのであれば
その食人族が怖い存在になるはず。

しかしこの映画は頭のイカレタ弁護士のクリスが怖すぎ・・・

そもそもハンティング中に食人族の女を見つけて
(当然食人族だとは気がついてない)
それを捕獲して自宅の地下室につれていき鎖で繋ぎ
家族を集合させて「よしお前ら、こいつを飼育するぞ!」と
紹介するところからかなりの狂ってる度120%。

そんな食人族の女に深夜ゴニョゴニョしに行くクリスを
こっそり覗いて興奮スイッチが入った息子もかなりの異常で
翌日、息子が女の乳首をペンチをひねりながらゴニョゴニョするという
「親父の遺伝子すげぇ」的なプレーを敢行。

それを知った娘と妻がクリスにそれを告げ得ると
「思春期だから仕方ねぇだろw」と返した挙句
妻にボディブロー2発とフック1発をお見舞い。。。

そして終盤戦は想像外の展開に・・・!?

かなりぶっ飛んだ系の映画です。
お子様とではなく一人での鑑賞をオススメします!

ビジネスの関連記事
  • やらない理由を探す人が多いからこそ何とかなる
  • ギャンブルでヒクソン・グレイシーになれたとしても負けるという話。
  • 空想レビューをするアフィリエイターの罪
  • 考える事が大切
  • 緊急噴射装置
  • 腰と扁桃炎

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事
雑誌掲載情報
ライティング
久々に雑誌掲載でーす。 競馬最強の法則5月号、袋とじの直前のカラー3ページ分で 竹内の記事が掲載されております。 春G1の攻略記事になってい...
佐藤哲三騎手、引退
Diary
この画像は、僕が最も好きな騎手であった佐藤哲三騎手のラストレースのワンシーンであり、このワンシーンが佐藤哲三騎手の騎手生命を奪ったシーンでも...
何があっても何かが変わる
Diary
つい先程、イスラム国に拘束されていた2人の日本人の内の1人が、殺害されている画像が公開され、日本政府も会見を行いました。画像がリアルなのフェ...