諏訪魔が王者として王道T開催

三冠王座が諏訪魔の手に、いやVMへ。
宮原健斗との戦いを経て、またTOTAL ECLIPSEという形に拘らずのジェイク・リーがいよいよここから歴史を作っていくかと思っていましたが、いきなりの王座陥落。

悪に染まり生き生きとする諏訪魔ですが、このまま王者として王道トーナメントに挑むことになります。

諏訪魔の初戦はいきなりの宮原健斗戦。
1回戦でどちらかが消えることは確定となるわけですが、ここで宮原が負けてしまうと三冠までの距離が遠くなってしまいそうです。

今回破れて前王者となったジェイク・リーは決勝戦で諏訪魔にリベンジするチャンスもありますし、そうじゃなくても優勝すれば自力でリマッチをつかむことができますが・・・簡単な山ではないだけに、茨の道になりそうです。

注目は永田裕志がエントリーしたことですね。
1回戦ではヨシタツとの試合ですが、新日本プロレスファンからの注目度も高いでしょう。
そして可能性として永田裕志vs芦野、その次には宮原・諏訪魔・石川などとの試合もありえるだけに、永田さんが全日のトップどころを壊滅させて三冠へ挑むなんて可能性までありそうですね。




世界ジュニアはタイガーマスクが防衛

全日ジュニアの至宝を腰に巻いたタイガーマスク。
佐藤光留を撃破し戴冠、そして田村男児からの防衛で早くも磐石ムードに。

月曜日には次の防衛戦としてイザナギを迎え撃つことになるタイガーマスクですが、ここもクリアするとなるとVMからの刺客が・・・ねぇ、稔とタイガーマスクとかね、見たいですよね。

ただ、その稔は歳三とアジアタッグを奪取しました。

こうなると、大森北斗or児玉がタイガーマスクの世界ジュニアへ挑戦という手もありますよね。特に大森北斗なら怖いタイガーマスクを引き出せるぐらいに小憎たらしく追い込んでいける(褒め言葉ですよ)ので、ちょっとその方向も見たいですね・・・

Twitter