いやはやなんとも楽しいタイチと内藤とSANADAの絡み。
試合に至るまでにシリアスな空気も好きですが、今のタイチ・内藤・SANADA、そしてザックも含めてコミカルで面白く人を引きつけるこの空気は最高ですね。

やはり内藤とタイチが絡むと盛り上がりますし、SANADAも近年のファンの人は知らないかもしれませんが元々明るくてお茶目で天然入った人ですからこういう状況には本来合う人なんですよ。

タイチが言うようにこの内藤・SANADAがワールドタッグリーグまでちゃんと出るのであれば、めちゃくちゃタッグ路線が盛り上がることは間違いなし。

ただ!!

ここ10年以上、新日本プロレスはタッグ軽視。
そしてここ数年、オカダ・棚橋や飯伏・棚橋、GBHの復活っぽい空気などタッグ路線が盛り上がりそうなワクワクは何度もありましたが全て単発の尻切れトンボで終わってきています。

それ故に過剰な期待はしない方が傷付かなくて済むのかなと思っているのですが、、、ただね、インターコンチネンタルが無くなったことでタッグへの比重って上がるはずじゃないですか。

そう考えるとこれまでよりはタッグ路線の充実が期待できると思いますけどね!

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter