全日本プロレスの後楽園ホール大会
印象が強かった岩本煌史・阿部史典戦とはまた違うベクトルの印象を残したのが葛西純とブラックめんそーれのGAORA TVチャンピオンシップ。

ハードコアな試合の中で、いつものブラックめんそーれらしい戦いと本気のファイターの部分が代わる代わる出てきました。
マスクを剥がされて頭に竹串を刺されていく中でシリアス成分が増えていきましたが、最後の最後までブラックめんそーれは自分を崩さずに新しい部分を見せていくという戦いを見せてくれました。

元々シングル戦でも試合内容に定評がありますし、今回素顔になって思ったのが「カッコいいし素顔でいいやん」ということも正直思ったのですが(笑)
ただ、これでブラックめんそーれのコメディ部分だけを見て舐めるファンは一気に減るでしょうし、例えば世界ジュニアへの挑戦へという声も出てくるはずです。

どうしても全体的な大会のバランスの中で前半の掴みという部分で圧倒的な力を持つブラックめんそーれだけに、トップ戦線で戦い続けるということは難しいのかもしれません。
ただ、個人的には今年の丑年を蛇年だと間違えてしまうぐらいのトップ戦線での活躍に期待してしまうんですよね。

さて、試合後に葛西純から全日本プロレスへの挑発に答えたのが石川修司でした。


全日本プロレスで完璧なデスマッチに対応できるのは恐らく石川修司だけですし、これは大日本プロレスファンからの期待も高まるでしょう。

GAORA TVチャンピオンシップはヨシタツの明るく楽しいベルトという路線でしたが、葛西純が保持しての2戦に加えて次が石川修司と葛西純の戦いとなると完全に色が塗り替えることになりますので、今後のGAORA TVチャンピオンシップがどうなっていくのか?も楽しみですね。

芦野はこれから正統派としてアンファンテリブルを率いるのか?

兎にも角にもハズレのない三冠ヘビー級王座戦。
今回も諏訪魔と芦野の戦いは三冠らしい熱く無骨で強く痛く激しい戦いとなりました。

諏訪魔が歴史を守る勝利を手にし、そして佐藤耕平が挑戦に名乗りをという流れからまた次の戦いへ向けての期待感が増しましたが・・・個人的に気になるのは芦野の今後。

無観客試合の時に殴り込みをかけ、アンファンテリブルとして羆嵐と共にジェイク・岩本煌史らを撃破し「憎たらしく強い外敵」という全日本プロレスに足りないポジションにバチッ!とハマりました。

今では土肥こうじ・羆嵐・大森北斗・児玉裕輔がヒールとして存在感を見せているわけですが、どうにも諏訪魔を前にする芦野は男臭いベビーになってしまうのです。

これはゼウスにも当てはまりますが、どこか「ヒールではなく、ファンの声援を浴びて戦いたい」という思いが見え隠れするというか・・・

今回も正々堂々と男の戦いを見せた芦野ですが、これで諏訪魔を握手してアンファンテリブルに戻って土肥こうじ・羆嵐・大森北斗・児玉裕輔を率いるヒールのボスとして成立するのだろうか?

暴走大巨人が解散し諏訪魔の正式なパートナーもいない状態を考えると、もしかすると・・・という可能性が頭を過りますね。

 


【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter