飯伏幸太と内藤哲也の物語のとある章の終わり。
まだまだこの二人の戦いは続いていくことは間違いありませんが、これまでの物語には一旦のピリオドという印象が残りました。

やはり壮絶になるこの二人の試合。
ファンが心配してしまうような攻防を極限の中でどこか楽しそうにしてしまうこの二人。

キャリアの中でも試合のの中でもずっと追い越せ追い抜けを繰り返す2つの流星。

30分を超えた試合の中で最後に立っていたのは飯伏幸太。

そしてその飯伏幸太に直接ベルトを渡して手を掲げた内藤哲也。

これぞイッテンヨンという光景にはただただ拍手でした。

ただ、これで飯伏幸太が明日負けてしまえば内藤哲也の気持ちが報われないですし、1日天下なんてことになればこのイッテンヨンの光景の意味が変わってくるわけですので...イッテンゴへの緊張感がかなり増すものであることは間違いありませんね。

そして内藤哲也はこれから二冠より上を目指すのか、それとも何かプランがあるのか?
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンはどうなっていくのか?とベルトを失ったことでの楽しみも増えるわけですし、年齢的なことや新日本プロレスの選手層を考えればこれから先に東京ドームのメイン後のデハポン大合唱はもしかしたら実現しないかもしれませんが・・・ただ、それより面白いことを見せてくるような気がします。

不安なのは「本当の神になる」の結論だけ...(汗)

飯伏幸太の「神になる」発言には内藤哲也もファンの気持ちを代弁して苦言を呈していたように未だ謎が残ります。

神を超えるカミゴェという技を持つ彼が神を目指すというのも若干ズレがある中で、G1を優勝して神になるかと思いきや、内藤哲也から二冠を奪って神になるかと思いきや、どうやらジェイに勝つと「本当の神なる」ということのようで・・・(汗)

この神の意味というのは結論として相当重要です。

「ヤベェ!飯伏神ってる!」

なんて軽いものであってはいけないでしょうし、プロレスに意味を求めるなという選手もいますがここまである種の謎掛けだった「神になる」に関しては何かしらの答えがほしいと思うファンは少なくないでしょう。

もちろん飯伏幸太らしく「神になったあぁぁぁぁぁ!」で「なんじゃそれ!」で終わってもいいと思うのですが、中途半端な結論だとこれは吉本新喜劇ばりのズッコケになる可能性が・・・

という点に関してもドキドキして明日、結論を見たいと思います。

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter