飯伏幸太が優勝決定戦へ進出|足をくれてやった飯伏・タイチ・石井|ジェイとEVIL、BULLET CLUBの行く末は
スポンサーリンク

飯伏幸太とタイチが想像だにしなかった「壮絶な蹴り合い」を見せていたのはオスプレイ&オーカーン事件のほんの少し後。
私もまだ放心状態の中で飯伏とタイチの試合が頭に入ってこなかった中、ふと気がついたら「なんでこの二人は蹴りしかしてないんだ?」という異変に気がついたという感じでした。

兎にも角にも異常なほどの蹴り合いでお互いが左足を一本相手にくれてやる状態の中、最後はカミゴェで飯伏幸太が勝利して優勝決定戦進出に望みを繋いだわけですが・・・

なにかの決意なのか?

そう思ってしまうほどの妙な戦いに今では逆に感想がありません。

わかっていることは飯伏幸太が勝利したということ。
そして、その次の試合で石井も足を一本くれてやってジェイを撃破し飯伏幸太が優勝決定戦へ進んだということです。

石井、飯伏、タイチ
足を捨てるほどの気持ちを見せたこの3人にただならぬ何かを感じたのは私だけでしょうか...

飯伏幸太の希望する優勝決定戦の相手は内藤哲也
僕は、本当の神になります。これは本当に、本当の神に。

優勝決定戦進出を決めた飯伏幸太が口にした戦いたい相手は内藤哲也でした。

内藤哲也は明日KENTAに勝利した上でSANADAが勝利しないといけないという状況ではありますが、可能性は十分にある組み合わせです。

また今年の東京ドーム大会では内藤哲也とジェイで内藤哲也が勝利し、オカダカズチカと飯伏幸太でオカダカズチカが勝利しています。

なので飯伏幸太だけが内藤哲也と戦っていないという状況になります。

G1優勝者でもなければIWGP保持者でもIC保持者でもなかった内藤哲也が自分と戦わずして二冠王になったということを考えれば、内藤哲也と戦いたいという気持ちは当然わかります。

内藤哲也と飯伏幸太と言えばリマッチの多さが話題になったこともありますが、ここで飯伏幸太が2連覇しドームでも内藤哲也となんてこともありえるかもしれません。

他の相手候補はSANADAとEVILです。

SANADAに関しては飯伏幸太が「SANADAさんはこっちでしょ」と本隊に呼び込んだこともありますが、あまり深い因縁はありません。
それ故にG1の決勝らしく因縁も何もなくただ競うという戦いは向いている気がしますが、ファンの気持ちがどこまで入り込むカードなのかは未知数ですね。

飯伏幸太とEVILもあまり関係性がありませんが、飯伏幸太が内藤哲也の二冠に挑戦するのであれば前二冠王のEVILを倒してG1制覇という道筋は綺麗ですが、EVILが出てくるとなると気になるのがジェイ・ホワイトの存在。

何か余計なことをする可能性もありそうですからね・・・

さて、飯伏幸太は「僕は、本当の神になります。これは本当に、本当の神に」とまたファンがキョトンとするコメントを出してきました(笑)

この「神」発言はオチがなさそうで・・・日常で「お前、神w」みたいな「凄い」という意味だけで使っていてもおかしくないのが飯伏幸太というハチャメチャなレスラーですし、そもそも「カミゴェ」という神を超えるという名前の必殺技を使っているのに「神になる」という辺り本気で意味がわかりませんからね。

カミゴェゴェをするということなのか・・・浅越ゴエと間違いそうで嫌だなぁ・・・

G1で優勝したら本当の神になると言っているので二冠王にならなくても目的は達成されるということですし、これで優勝して「本当の神になりました!」で締めたとするとファンのリアクションを想像するだけで恐ろしくなります(笑)

なので、本当の神というワードに大きな意味があると信じたい・・・

ジェイ・ホワイトを怒鳴る外道?
そしてEVILを応援するとうそぶくジェイ・ホワイト。

石井戦に負けたジェイ・ホワイトに対してリング上で何か怒鳴るような姿を見せた外道。

これについては試合後のバックヤードでは特に触れられませんでしたが、ジェイはこのようなコメントを残しました。

これでAブロックの1位はイブシか。Bブロックは…まだEVILにも可能性があるのか。もしEVILが1位通過したら、頑張ってくれよ?俺は絶対にお前を応援する。だけどレフェリーには十分用心しろよ。あいつらはBULLET CLUBが大嫌いだからな。俺のものになるはずだったのに、イブシに横取りされた。クソ……でも俺が誰か忘れない方がいいぞ。

EVILを応援する・・・
BULLET CLUBとして飯伏幸太が優勝するよりはEVILが優勝したほうが良いということはあると思いますが、応援するような状況ではないのが今のジェイとEVILの関係性。

EVILが優勝すればジェイを追放ということも考えられますし、この辺りはここ2日間でまだまだなにかありそうですよね。

1つ心配なのはBULLET CLUBというヒールユニットがあり、その中でもEVILとジェイがしっかりヘイトを集められる状況でここが対立。
この状況でオスプレイとオーカーンが明らかにヒールの立ち位置でユニットを作ろうとしていることです。

ここが一部合併するなどであれば問題ないのですが、このタイミングでヒールが増えると、しかもオスプレイというトップ選手がとなると・・・「誰かの穴埋め」にも思えてしまいます。

ジェイのルックス・年齢・プロレスラーとしての実力を考えれば様々な団体からのオファーもあるでしょうし・・・

ここが非常に心配な点です。

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter