オカダカズチカの「マネークリップ」が不評|「タイチがマネークリップで絞め落とされた」という見出しが対世間にどう見える?
スポンサーリンク

前半・中盤・終盤でG1を分けるなら現時点が丁度中盤戦スタート。

そんな日のメインイベント、石井智宏と鷹木信悟の試合は超名勝負となりました。

これぞ新日本という声も上がっていますが近年それを見せてくれるのが生え抜きの選手ではないんですよね。
まぁでも今でも石井選手、そしてもしかすると他団体から来た全ての選手が「対新日本」という気持ちがあるからこそ、このような熱い試合が生まれるのかもしれません。

試合後は石井が鷹木に手を差し伸べ・・・たかと思いきや頭突きを入れるというシーンも後に語り継がれそうですよね。

オスプレイとジェイの試合も今後のドル箱カードになりそうな進化を見せていました。
連勝のジェイをストップしたオスプレイですが、これでオカダ超えができれば文句なしにIWGP路線に突っ込んで行けることでしょう。
※メイ社長の退任が外人選手にどういう影響があるか不安なところでもありますが。

が、今のオカダカズチカとオスプレイが名勝負になるかは少々疑問。
というのもオカダカズチカが不調...というかレインメーカーがコブラクラッチに差し替わったファイトスタイルがどうもファンに響いていない印象が強いです。
SANADAの「終盤スカルエンドを狙い続けるお兄さん」がファンに刺さってない中で「終盤コブラクラッチを狙い続けるお兄さん」も当然のように同じ印象を持たれているようです。

今回から名前が「マネークリップ」となりましたが、これまたオカダカズチカのレインメーカー=金の雨と繋がることでネーミングの路線は良いのですが「レッドインク」と違って物凄くダサいとの声が続発。

その気持ちもわかります。
金の雨を降らしておいてその金を拾ってマネークリップで挟んでいる物語をイメージすると物凄く格落ちした感じがありますし、今回で言えば「タイチがマネークリップで絞め落とされた」ってことになるわけですが、プロレスを知らない人が見出しを見た時に「今のプロレスはマネークリップで絞め落ちるとかやってるの?」と誤解が生まれます(笑)

DIDやレッドインクのような良いオリジナル技、しかも名前としては「借金で首が回らない」「赤字」のように自分はレインメーカーであり相手はカネに困っているという対比が面白かったのに、マネークリップって挟むってのがね・・・命名はオカダなのでしょうか?オカダらしくなく見えるんだよなぁ。。。

対世間を意識しているオカダカズチカの必殺技とは思えないネーミングセンスです。

この1つ前の試合、飯伏とジェフコブの試合に関してはジェフコブが凄すぎた中で飯伏がカミゴェ1発で終わらせるというのは何だか物足りなかったですね。
裏MVPになるような勝負が生まれるカードだという声も多かったですが、対戦相手による飯伏の温度差が最近顕著だという声も多いです。

コメント力も考えると内藤哲也とオカダ、飯伏の差がこのG1でかなりつきそうな空気感が出ています。
何なら最終的に今後のトップ戦線がガラッと変わりそうな気すらしますね・・・

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter