石森太二が高橋ヒロムを圧倒してIWGPジュニア王者に立つ
スポンサーリンク

「秒殺」という言葉を残して挑んだ高橋ヒロムでしたが、試合序盤から石森太二が押し込む展開となったIWGPジュニア王座戦。
やはり肩の状態が万全ではないのか、それとも試合の中で悪化が進んだかわかりませんが、自分のペースになっても肩を攻撃されると動きが一度止められてしまう状況の王者高橋ヒロムにとって万全な状態の石森太二は高い壁でした。

1つ1つの動き、スピード、攻撃で王者を上回ると「タイムボム」を食らってもカウント2で返すタフネスぶりも披露。

タイムボムⅡを回避するとリバースのブラッディクロスという奥手からYesLockで高橋ヒロムの身動きを奪ってギブアップ勝利、完勝といえる結果でIWGPジュニアを手にしました。


この時点でロスインゴからベルトは全て流出。
ロスインゴが全員丸腰となり、逆にBULLET CLUBにはベルトが集まっている状況が生まれました。

もしかするとEVILを失いバランスを崩した部分が見えないところにあるのか・・・?

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter