スポンサーリンク

メインでIWGPヘビーとインターコンチネンタルに挑戦する高橋ヒロム。
その高橋ヒロムを別角度から並び、そして超えるにはどうしてもNEVERが必要なデスペラード。

揃ってベスト・オブ・ザ・スーパージュニアを欠場した二人が居ない間に、そのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで決勝戦を戦った鷹木信悟とオスプレイが揃ってヘビー転向するという屈辱がきっと心にある中で掴んだ鷹木信悟のNEVERへの挑戦。

デスペラードからすればメインのEVILvs高橋ヒロムとの戦いでもあり、やる前に勝ち逃げした鷹木信悟へのリベンジとも言える試合。

ならず者デスペラードが制御不能なロスインゴのドラゴンと戦ったNEVERタイトル戦でしたが、この試合・・・高橋ヒロムは一体どちらを応援していただろうか?なんてことを考えてしまったファンの人も多いでしょう。

何か今日という日、この大会には大きな意味があったと思います。

NEVERを「無差別級」として輝かせるにはこれからもジュニア選手の挑戦が続いてほしいのだが・・・

エル・デスペラードは真っ向勝負ではなく勝つためのヒール攻撃・膝攻撃に徹するという選択をしました。
鷹木信悟の真っ向勝負をスカしながらの戦いはまさにならず者という感じでしたが、個人的には高橋ヒロムとのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアでの試合の時の「無の中の情熱」のようなたたずまいと試合がデスペラードの真骨頂だと思いますので・・・上手く言えませんが、何か少し想像と違ったというのが本音です。

一方の鷹木信悟は足を引きずりながらも強烈なパンピングボンバーからのラストオブザドラゴンでNEVERを防衛することに成功しましたが、こうなってしまうと「新日ジュニア入りしてすぐにヘビー転向した」という存在に対して、鷹木信悟を倒すべき存在が高橋ヒロムだけになってしまっているのも少しさみしいところ。

※海外選手は現在無いものとして。

メインで高橋ヒロムはヘビー級との差のないところを見せましたが、やはりこのヘビー>ジュニアの図式というのは変わらないものなのだろうか・・・と思ってしまいました。

NEVER"無差別級"という名目を本当の意味にするには、ジュニア選手が鷹木信悟から真っ向勝負で勝ち取ってほしいなと個人的には思っているので、そういう存在が登場してくれるとNEVERの本当の「らしさ」が出るのではないかと思います。

団体の垣根も階級の垣根もキャリアの垣根も無い、それがNEVERだったはずですからね。

ただ・・・鷹木信悟が凄すぎて盤石過ぎるので誰が彼からNEVERを奪えるのかと言われると誰も浮かばないのもまた現実ですね。

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter