エル・デスペラードの新マスクがカッコ良すぎる【NEVER前哨戦】
スポンサーリンク

鷹木信悟・SANADAvsエル・デスペラード・DOUKIのタッグマッチ。
何だかもう「ヘビーとジュニアの試合かぁ」とか思わなくなってきたのが無差別級時代というところでしょうか。

鷹木信悟とエル・デスペラードの前哨戦という構図となった試合ですが、そんなことが吹っ飛ぶほどにデスペ様の新マスクがカッコよくてですね・・・何だか乙女のような目で試合を見ることになってしまいました(笑)

前々から書いていますがデスペラードの異様な色気というのは推しポイントでですね、特に鈴木軍の上の人間と組むと急に子分キャラになるデスペラードですが逆に弟分のDOUKIと組むと色気が倍増するわけですよ。
というのもDOUKIも色気が凄いからなんですけど、この二人のタッグが今一番セクシーなのではないかと思うぐらいなんです。

さて、セクシーは置いておいて試合は鷹木組の勝利となったことで前哨戦で王者がリード。

だったのですが、試合後にデスペラードが強烈なロコ・モノで鷹木信悟を殴り飛ばしてNEVERのベルトを強奪。


EVILの裏切りで揺れるロスインゴは名古屋大会で鷹木信悟がエル・デスペラードを相手にNEVERの防衛戦。
そしてEVILに高橋ヒロムが挑戦するということになるわけですが、鷹木負け・高橋ヒロム負けという状況になると一気にユニットからベルトが消滅してしまいます。

ただ、その可能性も低くないように思うんですよね。

エル・デスペラードと高橋ヒロムという新日本プロレスのジュニアを引っ張る二人の関係性はもちろんなのですが、やはりエル・デスペラードはIWGPjr王者の高橋ヒロムに追いつくために別のルートであるNEVERを手にして前に立ちたいという思いがあるのでしょう。

その思いの強さで鷹木信悟を攻略したときに、高橋ヒロムは更に先のIWGPヘビー&ジュニア・インターコンチネンタルの三冠王になっているなんて極端なことにはプロレスの神がさせないのではないか...なんて(笑)

ファンが見たいのはNEVER王者デスペラードvsIWGPjr王者高橋ヒロムの試合だと思いますし、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアが開催できないのであれば事実上というか仮想ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの決勝戦のような位置付けでのダブルタイトルマッチという見方もできますからねぇ。

何にしても名古屋大会の事実として「高橋ヒロムとエル・デスペラードがそれぞれヘビー級に挑み、それらがメインとセミでのタイトル戦である」ということです。

下手したらこんなことは二度と起こらないかもしれないですからね。

個々の試合というよりも大会全体として重要な日になるのではないでしょうか。

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter