スポンサーリンク

激闘のニュージャパンカップも気がつけば準決勝が本日開催となります。

本間朋晃→矢野通→石井智宏を倒してきたIWGPジュニア王者高橋ヒロム
外道→永田裕志→石森太二を倒してきたオカダカズチカ

ジュニアとヘビーの頂点対決が準決勝で実現してしまうという豪華な夢が実現します。

そして

田口隆祐→SHO→タイチを倒してきたSANADA
小島聡→後藤洋央紀→YOSHI-HASHIを倒してきたEVIL

同じロスインゴでしかもタッグパートナーの「イビサナ対決」も実現することになります。

石井智宏戦で出し切った高橋ヒロムと余裕残しで勝ち上がってきたオカダカズチカ

高橋ヒロムの目的はIWGPジュニア王者としてIWGPヘビー級を手に入れること。
現時点では内藤哲也を倒してこそその夢が実現しますが、オカダカズチカと内藤哲也の戦歴を考えれば・・・内藤哲也に勝つよりもハードルが高そうなオカダカズチカ戦となります。

高橋ヒロムは石井智宏相手に新技を出した上でTIME BOMB Ⅱまで使うなど全て出しきったという印象。
ジュニアへの誇りとプライドという大きな武器と勢いでオカダカズチカすらも倒す可能性は当然あるのですが、そのオカダカズチカはコブラクラッチだけで勝ち上がってくるなどレインメーカーを温存した状態です。

この辺りがどう試合に影響してくるのか・・・

スポンサーリンク

オカダカズチカが突然ジュニアをヘビーへのステップアップにしてきた選手を薄情と言い放った

昨日の試合後、オカダカズチカは「新日本プロレス、薄情な人が多いからねジュニアヘビーをステップアップとして思っていない選手がたくさんいる中で」と発言。

これは「高橋ヒロムはジュニアにこだわって盛り上げようとしていることへの評価」をするための表現だったかもしれませんが、例えばジュニアからヘビーに転向した選手と言えば内藤哲也や後藤洋央紀が該当しますし、オスプレイや鷹木信悟にしてもそうです。

この発言、また何か波紋を呼ぶような気がしますね・・・

何ならオカダカズチカと高橋ヒロムの見ている方向が同じであるということにもなってきますし、何か匂う発言だなと思いました。

スポンサーリンク

EVILはSANADAにもラフファイトで戦うことができるのか

意地でもこのニュージャパンカップを制覇するためになりふり構わないラフファイトを続けているEVIL。
初期ロスインゴ感のあるヒールとしてのEVILが蘇ってきていますが、次の相手はロスインゴの仲間であり大切なパートナーのSANADAです。

このSANADAに対してもイス攻撃・金的攻撃などをできるのか?
これがかなり重要になりそうです。

まかり間違ってクリーンファイトして負けて握手をするようなことがあればEVILはEVILとしての終わりを迎えると思いますし、ここまでのニュージャパンカップも何1つ意味を持たなかったという認識をファンにされてしまうはずです。

内藤哲也が「優勝予想はEVIL」と言っているぐらい、EVILはニュージャパンカップに賭けている上に後がない状態なわけです。

今日のSANADA戦でEVILがEVILとして戦っている理由を全世界に見せることができれば・・・

決勝戦のカードは4パターン。
高橋ヒロムが勝利した時点でロスインゴ決勝戦が確定。

気が早いですが決勝戦のカードになる可能性があるのは以下のみとなりました。

オカダカズチカvsSANADA
オカダカズチカvsEVIL
高橋ヒロムvsSANADA
高橋ヒロムvsEVIL

高橋ヒロムが勝利した時点でロスインゴ対決が確定するぐらいにロスインゴが上位に残ったニュージャパンカップですが、オカダカズチカとSANADAは少しお腹いっぱいなところは否めませんね(汗)

個人的には高橋ヒロムとEVILの決勝戦が見たいですね。
苦楽とともにしていたヤングライオン時代の歴史もありますし、新日本プロレスの新しい景色も見てみたいです。

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter