アジアタッグ王者、盤石の二丁拳銃が防衛成功|ヨシタツは国を作ると言い出した・・・
スポンサーリンク

アジアタッグ選手権試合、ヤンキー二丁拳銃に挑戦したヨシタツと立花誠吾の即席ヤンキータッグでしたが・・・完璧なチームワークを持ちアジアタッグ防衛戦でまだ底を見せていないヤンキー二丁拳銃に対して即席チームでは流石に厳しかった。

岩本煌史・ジェイクリーからアジアタッグを奪取した試合からずっと、ある意味で相手の土俵に乗ってどんなプロレスでも受けて立つという感じの二丁拳銃なのに終わってみれば二丁拳銃のプロレスになっているというこの不思議。

底を見せていないと書きましたが、ここまで盤石に思えるアジアタッグは近年で一番かもしれません。

岩本・ジェイクはアンファンテリブルとの戦いへ向かっているのでリマッチするにしてもまだ先になるでしょうし、今の全日本プロレスの中で考えると二丁拳銃に挑戦して勝てそうなチームが思いつかないんですよね・・・

吉田綾斗と阿部史典が陣として挑戦するのは面白いかなぁと思いますが、地味に全日本からベルトが外へ流出しているので(世界ジュニアとアジアタッグ)全日所属選手が頑張ってほしいという気持ちはありますけどね。

ヨシタツ「俺は国を作る」


この試合後にヨシタツがまたおかしなことを口にしました。

「俺は国を作る」

ユニットじゃないぞということなので、国を・・・え、国を作るの?国家?(笑)

相変わらず謎なヨシタツのコメントですが、普通に今後選挙に出る前フリじゃないだろうなぁとか思ってしまいました。

 

 

Twitter