スポンサーリンク

6月23日の新日本プロレスニュージャパンカップ1回戦最終日の大会で面白いなぁと思ったことが、なぜか闘魂三銃士の技がちょこちょこと出ていたことです。

元々使う選手もいますが、例えばBUSHIがSTFを使い、YOSHI-HASHIのバタフライロックは元々と言えば蝶野正洋が有名にした技。
それだけではなくYOHがなぜか武藤敬司のスペースローリングエルボーを披露。


この後にドラゴンスクリューから4の字まで披露するという武藤敬司ムーブを見せると、天山広吉は相棒であり兄貴のような存在である蝶野正洋のSTFを見せました。

そして、内藤哲也は元々使いますがそれでもやはりこの技「水面蹴り」と言えば橋本真也。


5試合中前半3試合でスペースローリングエルボー・STF・水面蹴りと闘魂三銃士の技が次々と出るなんて・・・何か深い意味でもあるのでしょうか?

まぁ、偶然か。

 

Twitter