タイチが棚橋弘至を撃破→飯伏幸太もKO→内藤哲也に宣戦布告の大立ち回り
スポンサーリンク

IWGPタッグ戦線にも関わるニュージャパンカップ1回戦(22日)
まずセミファイナルに登場した飯伏幸太とザック・セイバー・ジュニアはザックのねちっこい関節技と鋭い打撃の緩急に追い込まれた飯伏が膝にかなりのダメージを負ったものの、ザックドライバーを切り抜けVトリガー気味の膝を顔面に入れると間髪入れずのカミゴェで一気に勝負を決めて2回戦への進出を決めました。


そしてメインイベント、棚橋弘至とタイチの一戦。
ここでタイチが負ければIWGPタッグへの挑戦は白紙に?という試合でもありましたが、試合開始前にコーナーへ登りアピールする棚橋に対してタイチが奇襲のパワーボムを発動。

その後もDOUKIの介入などやりたい放題のタイチでしたが、試合全体で見れば技のスピード・威力で今日はエースを完全に上回っていた印象でした。

高角度バックドロップ、ラストライド、アックスボンバー、天翔十字鳳、ジャンピング顔面蹴りなどとどまるところを知らない強烈な攻撃の連発の末、ブラックメフィストで太陽を沈めての勝利。


そしてここから、更にタイチの独壇場に・・・

次戦の相手、飯伏幸太をKOすると内藤哲也に宣戦布告

試合後に棚橋を聖帝十字陵で絞り上げるタイチに飯伏幸太が怒りの登場。
しかしその飯伏幸太をベルトで殴打しKO状態に。

IWGPタッグ王者の2人、しかも棚橋弘至と飯伏幸太という2人を重ねて踏みつけるタイチ。


客入りの大会ならブーイングだったか?
いや、もしかしたら大歓声だったかもしれない。
それぐらいタイチの勢いとダークヒーローっぷりが完成されたような...

そして「タッグタイトルは当たり前だけど」と、IWGPタッグへの挑戦を表明すると【このトーナメント俺が奪って、そして内藤待ってろよ。俺が、この俺が新日本プロレスのすべてを奪ってやる、このやろう】と優勝宣言&内藤哲也への宣戦布告。

タイムマシンに乗って数年前の自分に『2020年のニュージャパンカップは夏開催でな、タイチが棚橋弘至と飯伏幸太を踏みつけてから内藤哲也に宣戦布告するんだぞ』と言っても信じないようなことが起こっています(笑)

次戦の飯伏幸太戦はともかく、タイチがリベンジしていく相手として棚橋弘至の次は内藤哲也であるべきでしょう。

そこまでたどり着けたときにはタイチ時代の到来、そして鈴木軍のパワーバランスが完全に崩れるということになりますが・・・さて、どうなることやら。

 

 

Twitter