スポンサーリンク

全日本プロレス中継 2020 #4 ~王道への誘(いざな)い~
メインイベント以外の感想も書いてみたいと思います。

まぁ、なにはともあれ冒頭のイケメンと秋山のやり取りでの爆笑ですね・・・(笑)
なんでこの人は一撃でポジティブ100%まで気持ちを変えてくれるのか。
いつになるかわかりませんがWWEでも大活躍して世界中に笑顔を広めてほしいです。


さて、試合ではイケメンの入場曲にトラブル?が起きたことでいつものような入場ができずにイケメンがぶちギレ。
試合には勝ちましたがパートナーとの秋山と仲間割れをしつつ、ハチャメチャな試合となったことも「今だから見れた試合」かなぁと思うとより楽しかったです。

次回大会でTAJIRI&KAIがヤンキー2丁拳銃に挑戦(アジアタッグ)

前回さらっと挑戦を口にしたジャパニーズバズソーTAJIRIの思いが早くも実現。
TAJIRI&KAIの超曲者タッグが王者組イサミ・宮本組に挑戦することが決定しました。


前王者ジェイクリーと岩本煌史が防衛したものの精神的にヘトヘトにされたという話も話題となったTAJIRI&KAI組ですが、このレアなカードが・・・無観客なのはもったいない!のですが、無観客だからこその試合を見せてくれるであろう4人に大きな期待が集まっています。

非常に派手な試合になるか、クラシカルな試合になるのか、どちらにも転びそうな点も楽しみですね。

スポンサーリンク

ジェイク・リーはヨシタツを撃破、次戦は大森隆男とシングルマッチ

「強いやつをシングルを」と希望したジェイク・リーでしたが、全日本プロレスは即座にヨシタツを用意。
大きなリーグ戦でメインでもおかしくない対戦カードとなったこの試合でしたが、苦戦しつつもジェイク・リーがしっかりと3カウント勝利を手にしました。

ここからも更に強い相手とのシングルを続けていきたいというジェイク・リー。
次戦は大森隆男とのシングルが決まりましたが、この指が何本立った時に新しいジェイク・リーが誕生するのか。
その時に目指すのは諏訪魔なのかそれとも芦野へのリベンジなのか、はたまた宮原健斗への逆襲なのか。

ジェイク・リーの今後の動向も気になるところですね。

スポンサーリンク

成長した大森北斗に岩本煌史が孤高の芸術を使った

アンファンテリブルに連敗した岩本煌史ですが、現在見ている先は児玉とのシングルと世界ジュニアへの道でしょう。
しかし現在の世界ジュニア王者である横須賀ススムが指名したのはまさかの若手大森北斗。
その大森北斗とのシングルマッチを組まれた岩本煌史ですが・・・昨年のような岩本煌史が100%の余裕で稽古をつけているかのような二人のシングルではなく、明らかに成長した大森北斗相手に「トップの最強の技」を叩き込む岩本煌史の姿が印象的でした。

岩本煌史の必殺技、孤高の芸術。
そもそも必殺技を乱発せずに一撃必殺のこだわりを持つ岩本煌史が若手に全力で孤高の芸術を叩き込むというのは意味があることでしょう。

「世界ジュニアに向かう若手」に対して「トップ技の威力」を教えたのか、それとも強烈なエールだったのか。

何にしてもこの日、この場面は数年後に全日本プロレスのジュニアの物語を振り返った時に重要な1ページになるのではないかと思います。

児玉はブラックめんそーれを撃破して岩本煌史を挑発も...次戦はアキラとのシングルに

Twitter上でのバトルが盛り上がっていた児玉とブラックめんそーれの試合。
めんそーれのとてつもない勢いのトラースキックが児玉の顔面を撃ち抜いた時には思わず声が出ましたが、最後はトップロープに急所を打ち付けられてからのマッドスプラッシュで無念の3シャーカウント負け。


試合後の児玉は「岩本くんがジュニアの王道の世界に連れて行っていくれるそうだからゾクゾクするね」と余裕のコメントを出していることから、そろそろ「岩本VS児玉」の世界ジュニアへの挑戦者決定戦にもなるであろうカードが実現するかと思いましたが・・・次戦は児玉とアキラのシングルが決定。

児玉がこのまま全日本ジュニアを蹴散らしていった先に岩本煌史が待つ形になっていますが、岩本煌史はアンファンテリブルに連敗したこともあって流石に待ちきれない様子。

Twitterでも児玉との対戦が組まれなかったことに残念がる様子が見えます。

岩本煌史の次戦は大森北斗と組んで諏訪魔・岡田とのタッグマッチですが、考えてみると結果が出ていない不調の岩本煌史からすればここで三冠王の諏訪魔と戦えるのは大きなプラスかもしれません。

諏訪魔から王道を感じ、その王道力を児玉に見せつける。

そんな日は遠くないでしょう。

 

Twitter