NOAH清宮が「レインメーカーと戦いたい」発言|オカダカズチカは反応するのか!?
スポンサーリンク

NOAHだけではなくプロレス界として将来を背負っていく立場の清宮海斗が特大の爆弾発言を響かせました。

「武藤敬司と戦い」という発言の直後、少し躊躇うような雰囲気を出しながら語ったのは・・・

「これは俺の願いというか頼みというか、これからどうなるのか。この話がどこまで続くかわからないけど、レインメーカーをこの体で体感したい。」と言い放ったのです。

現在新日本プロレスとNOAHは交流がありません。

ただ、先日各団体のトップが一堂に会して馳浩さんと会見をするなどありましたし、棚橋弘至と丸藤正道がTwitterでやり取りするなど悪い雰囲気ではありません。

また、オカダカズチカがプロレスオールスター戦を口にした時には清宮海斗も即座に反応しているなど、今思うと可能性に繋がるような伏線はいくつかあります。

オカダカズチカが丸藤からIWGPを防衛した時にはエメラルドフロウジョンのような技を出すなどしていますし、一瞬ですが新日本プロレスとNOAHの戦いというのも現実になったことがありましたので、可能性が0ということはないでしょう。

そして爆弾発言と言えばオカダカズチカの「アントニオ猪木!!」という謎掛けもあったわけですし、こういう大胆な発言を嫌うオカダカズチカではありません。

新日本プロレスは高橋ヒロムの「他団体も含めてのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアを」という発言もあります。

プロレスの面白いところって団体はオープン・閉鎖的・鎖国など特徴はありますが、レスラー単位で見ると多くの選手がオープンというか「プロレスラーは逃げないんだ」というマインドで動いていることに対して、ファンは閉鎖的だったりします。

ただ2020年となり若いプロレスファンの人が増えてきている中で、ここらで大きな局面としてプロレスというジャンルが更に発展していくためには1つ大きな祭りがあってもいいのになぁと思いますね・・・。

オリンピックにぶつける形のプロレスオリンピックを開催して欲しいとは何年も前から書いていましたが、そういう動きがない中で・・・オリンピックが延期となりこのような状態になっていることを考えると、やるなら2020年しかないような気がします。

 

Twitter