NEVER無差別級6人タッグはロスインゴが防衛|田口監督、更迭か。
スポンサーリンク

前日のNEVER無差別級タイトルマッチで壮絶な試合を繰り広げて防衛した鷹木信悟が連日のNEVER出撃。
EVIL・BUSHIと共にNEVER無差別級6人タッグの防衛戦を矢野・田口・カバナという曲者トリオと行いました。

同じNEVERという冠でも前日とは180度違う明るく楽しくコミカルな試合となり、最後はBUSHIが田口を毒霧からのブシロールで勝利し防衛。

コロナウイルスの関係上、衛生面からか試合前に水を吹き出さなかったBUSHIを見て「毒霧も封印か?」と思って試合を見ていたので、毒霧というプロレスならではの技を見て久々に普通にビックリしました(笑)

それにしても、NEVER無差別級を手にしている上でNEVER無差別級6人も保持してのNEVER二冠王鷹木信悟が持つNEVER無差別級6人のベルトの価値と、NEVER無差別級6人だけの保持では妙に価値が違うように感じます。

BUSHIはタッグタイトルをヒロムと狙うでしょうが、EVILはこのままだとNEVER6人だけを頼りにしていくことに・・・
試合後も「ダークネス牢獄」という面白ワードが飛び出しましたが、できれば前日の小島聡のコメントへのアンサーがほしかったなぁと思ってしまいました。

EVILファンなのでね...




さて、敗れた挑戦者組ですが早速亀裂が入りました。

矢野「タグチジャパンは負けてしまったけど、まだカバナUSAも、YTRJAPANも残っています!」
カバナ「田口が俺たちにとっていいパートナーではなかったということなのかもしれないな。」

2夜連続でのタイトルマッチを駆け抜けた田口監督は連敗でタイトルを手にすることもなく、何やら矢野・カバナからも見放された模様。

失速したファンキーウェポンの次の動きは・・・あるのか?

 

Twitter