スポンサーリンク

国内外で始まったRoad to THE NEW BEGINNING。
残念ながら生中継が無いので札幌2連戦まで前哨戦などを楽しめずに本番を視聴するということになりますが、試合後のコメントを見ているだけでもワクワクする内容が数多くありました。

高橋ヒロムはリーとの前哨戦がほぼ無いという話の流れから「どこかで襲ってくるのではないか?」と襲撃を予感させる言葉がありましたし、内藤哲也はKENTAに対して「KENTAのバックステージやSNSの使い方。素直に、これは素直な気持ちで素晴らしいと思いますよ。良いか悪いかはわからない。でも多くの人に興味を持たせる技術。さすが、世界を経験した男は違うね。」と皮肉半分・本音半分かと思いますが評価するコメントを出しました。

まぁ内藤哲也自身が「ファンに対して伝えること」を重視している選手なのでKENTAの今の動きというのは本当に興味を持っているだろうとは思いますね。

そんなKENTAは内藤哲也のコメントに「アイドルかよ笑」と晒し上げていますが、まぁ何かそう言われてしまうとそう見えてきちゃうコメント・・・


その他、痛いファン・暴言が過ぎるファンを晒し上げて毎日暴れているKENTAですが、もしかするとTwitterの使い方を勘違いしている一部の人への警鐘になるかもしれません。

ロスインゴファンだけがどうとかは思いませんが、やっぱり他人に暴言を吐いているような人って普段からロクなことにTwitterを使っていませんし・・・「プロレスファンってヤバイ人多いよね」って言われるのはプロレスファンとして悲しいですからね。

さて、そんなKENTAの試合後のコメントもまた刺々しいものでした。

なんでアイツがあれだけ支持者を得ているか? 顔がいいわけでもない、髪型ヘン。なのに! あれだけの人気を誇っている理由。なんだかわかる? 教えてやるよ。アイツの言葉だよ? アイツが発する言葉の力。それにアイツら引き寄せられてるんだよ。俺はそれに気づいたよ。コレ知ってるかな、アイツが言った言葉の中で……。『一歩踏み出す勇気』。知ってる? フッ。最高におもしれー言葉だなと思って(苦笑)。ずっと、新日本っていう大きな会社に守られているアイツが、『一歩踏み出す勇気』? めちゃくちゃおもしれーじゃん? それにファンが『内藤さん! 勇気もらいました! 一歩踏み出す勇気が出ました!』。……いやっ、そんなキレイごとで渡っていけるほど世の中甘くねーから。一歩踏み出して、うまくいかないこと、ダメだったヤツ、たくさんいるよ。むしろそっちの方が多いかもしれない。ダメになった時、世間は一歩踏み出した勇気なんか、誰も評価しねーから。世間が評価するのは結果だよ。結果だけ! そんな気休めの言葉で、『勇気が出ました』。そんな甘ったれたこと言ってんじゃねーよ。肝心なのは、そっから自分で這い上がることだよ。だから、俺もここに来てるんだよ?

行動することの大切さをファンに伝える内藤哲也、そして本人自身が一歩踏み出す勇気で戦って多くの人に勇気を与えていることは事実です。
ただ、実際問題として一歩踏み出す勇気を勘違いしている一部のファンもいるんですよね。

一歩踏み出して他人に暴言を吐くというのは論外として、何も考えずに一歩踏み出すということは確かに評価されることではありません。

内藤哲也のように努力して苦悩してその上で一歩踏み出す姿と、その言葉だけに影響されて『一歩踏み出す勇気で店長に文句言ったりましたわ!!』みたいな人もいますが、内藤哲也が言いたいことはそういうことじゃないですからね(汗)

また、何よりKENTAは一歩踏み出す勇気を出して何の結果も手にすることができなかった自分の過去があるからこそこのようなコメントをしたのでしょう。

何だかんだでこの二人も相思相愛の関係になっていく気がしますが、KENTAからすればここまでのコメントを出すならそれなりの試合のクオリティを見せるしかない状況でもあります。
試合後に内藤哲也がKENTAへの興味が増すのか、それとも興味が無くなるのか。

『世間が評価するのは結果だよ』

KENTAが戦うのは内藤哲也だけではなく、この言葉とも戦うことになるでしょう。

Twitter