スポンサーリンク

2月9日の大阪大会で早速決定した内藤哲也とKENTAのIWGP&インターコンチネンタルダブル選手権試合。

これについて、また今後について内藤哲也選手は会見で色々なことを語ってくれました。

KENTAの乱入に関しては「凄く勇気のいることだし、KENTA選手はリスクを背負って行動したことは素晴らしいと思う。1レスラーとしては」と話した内藤ですが、タイトル戦になったことについては不満があるようです。

「東京ドームでの大合唱を楽しみにしていた僕自身、会場に来ていたお客様、テレビで見ていたお客様、チケットを買って予定をあけてきてくださった人にすれば、来年またこれるのかと、来年じゃなくて今だった。」

「そんなお客様にとっては非常に残念な終わり方でしたしKENTAふざけんなとなっているでしょうね。」

「タイトル戦にするかどうかを会社に委ねた時点で会社に反論する権利はないし、タイトル戦が決まったなら僕はやりますけどね、でも本当にそれでいいの?新日本プロレスそれでいいの?せめて、KENTAが後藤洋央紀に勝ったならわかるけど、負けておいて彼の挑戦が認められると、、、なら誰でもいいの?変な前例を作ることが新日本プロレスのマイナスになるんじゃないのと思うけど、新日本プロレスは何も考えてないの?と思う。」

「新日本プロレスは俺に嫌がらせをしてくるのか?と思うけど、やらせていただきますよ。でもジェイ・ホワイト、飯伏幸太、オカダカズチカ、内藤哲也、東京ドームでこの2つのベルトを争った4人と比べて申し訳無いけど彼は3枚ぐらい落ちるんじゃないですか?」

と話しました。

今後の防衛戦については、今回は会社に丸投げしたから仕方ないけど「伝説ってそんな軽くないでしょ?」「僕は個人的には同時に2本をかけてやるのはやらなくていいんじゃないかと思う」「挑戦者がどっちがほしいかを選んでやるほうがいい」

このように分割しての防衛戦を望んでいるようですが「この会社は僕の意見が通らないから」とチクリ。

ただ『僕が認める相手なら2本でもいい』と話していますし、今後も相手によってはというところなのでしょう。

スポンサーリンク

内藤哲也のKENTAへの評価は?

レスラーKENTAについては『体は小さいが力強くキックの威力も強い、今新日本プロレスのヘビー級の枠に入ろうとしているのは自信があるんじゃないか。今のところの印象はSNSの使い方が上手なレスラー。海外で目標達成できずに帰ってきたレスラー。某団体の元トップレスラー。そんな印象ですかね。でも馬鹿にはしてないですよ。1レスラーからすれば東京ドームのエンディングをぶち壊すことは凄い度胸があるから」と皮肉混じりに評価をしました。

まぁ、ほとんど絡みがない相手ですからね。

これからどうなっていくのか、内藤哲也からKENTAへの評価がどうなっていくのかも楽しみです。

スポンサーリンク

内藤哲也のインターコンチネンタルの扱いは?

内藤哲也にとってインターコンチネンタルはどういう物になるのかという質問については『プロレスの頂点はIWGPだと思っているし、2本並んでも目線はIWGPに行く。ただ必要かどうかはよくわからないけど、レスラー内藤哲也にとって何度も絡んできたのはインターコンチネンタルで、思い入れはないけど・・・』と話しつつ、質問者の東スポ岡本記者に「それが聞きたいなら行っちゃう?」とファミレスに誘って煙に巻きました(笑)

インターコンチネンタル=中邑真輔というのは今でも残っている残り香がそうさせますが、正直これからも内藤哲也がインターコンチネンタルを内藤色に染めていくことはないのではないかと思います。

ただ、内藤哲也の武器の1つになるであろうベルトですし・・・どのように使っていくのかには注目ですね。


プロレスランキング

 

 

Twitter