スポンサーリンク

東京ドームで連敗となった飯伏幸太、そしてジェリコに完敗した棚橋弘至。
この二人がIWGPタッグ王者ジュース・フィンレーと組んでタマトンガ・タンガロア・ファレ・チェーズとのタッグマッチが組まれたイッテンロク。

試合前には「飯伏幸太のBULLET CLUBへの勧誘」や「王者組と前王者組のリマッチへの布石」かと思いましたし、後は「調子を崩したトップ選手と戦いがちのファレと棚橋」という構図になるかと思いました。

実際に試合開始前からチェーズが飯伏幸太をBULLET CLUBに勧誘する素振りがありましたし、試合後にも『俺はシングルがやりたい。どうだろう? 勝っても負けても、それはそれでToo Sweet!』と飯伏にシングル戦を申し込みましたので、BULLET CLUB入りへの物語も続いていきそうですが・・・この試合で起こった最重要項目は棚橋弘至と飯伏幸太のタッグ結成の可能性でしょう。

棚橋弘至との好連携でBULLET CLUBを倒した飯伏幸太でしたが、試合後に棚橋が飯伏に対して「組もうぜ」的なアクションを起こしました。

そして試合後、それに呼応した飯伏幸太とともにジュース・フィンレー組に挑戦表明とも取れるアクションをしたのです。

これに対して王者組はびっくりしながらも目を輝かせて承諾。


超楽しみなタッグ結成、名前があるならゴールデンエースでしょうか?

棚橋弘至と飯伏幸太がタッグ参入すれば相当タッグが盛り上がるわけですし、過去に何度も書いているように僕はIWGPタッグ戦を見てプロレスファンになったので(武藤・馳・ベイダー・ビガロ)タッグを盛り上げてほしいんですよ。

が!

これも何度も書いているように、棚橋弘至のタッグは・・・短命です(笑)
どれだけ魅力的でも短命です。真壁とのキング&エースなんてあの時から続けていたらどれだけタッグが盛り上がったのか・・・

棚橋弘至のタッグで短命になる時のフラグは棚橋がチーム名を口にした時ですので、今回はゴールデンエースとか言わずに長く続けて行ってほしいなぁと思います(笑)

二冠ブームの中でIWGPタッグ+シングルでの二冠を狙っても面白いと思いますし、内藤を倒せば三冠という可能性も出てきますからね。

まぁここで負けて「やっぱりシングルへ」とNJCに進んでいくパターンの方が可能性が高いとは思いますが、新日本プロレスがタッグも盛り上げる気持ちがあるならこのチームは重要なピースとなるはずです。


プロレスランキング

 

 

Twitter