中西学選手の引退が決定
スポンサーリンク

中西学選手の引退が発表されました。
東京ドームでの第3世代対決の時、妙に試合後に他の3選手が称えていましたし丁寧に四方に礼をしていたので引退なのかなとは思っていましたが、やはりというところでした。

やはり昔の動きができないことやコンディションの問題、去年の暮から会社と話して決定となったということですが・・・現地でも映像で見ても首が、、、もうあんな可動域では無理だよと思いましたからね。
リングに寝ている時に首が常に浮いている状態ですから、このまま続けていたら再度の大怪我もありえますからね。

悲しいかな棚橋弘至が「尻すぼみでいいのか」と檄を飛ばした第3世代の1人が欠けるということになってしまいましたし、第3世代軍で巻き返すという多くのファンが見たかったテーマは夢幻の如くなってしまいました。

これで飯塚高史→獣神サンダーライガー→中西学と50代のレスラーが次々引退している新日本プロレス。
それだけ若い選手が育っているということですし、安心して引退していけるのではないでしょうか?

残る時間は短いですが、最後のアルゼンチンバックブリーカーを見届けたいですね。


プロレスランキング

 

Twitter