スポンサーリンク

イッテンロクのセミファイナルはオカダ・YOSHI-HASHI・オスプレイ・ロビーイーグルスと鈴木・タイチ・ランス・ザックというカードでしたが「なぜこのカード?」と思っている中で、いきなりタイチがオカダに対して絡んでいきました。

オカダが丸腰になって弱っているところを狙う辺りがタイチらしいですし、IWGPとICの二冠を持っている内藤哲也に多くの選手の注目が集まる中で「前IWGP王者で調子を落としたオカダ」という見方によれば最も美味しいところをターゲットにするのは流石のタイチ。

試合自体はアイアンフィンガーでの反則負けとなりましたが、ここで生まれた遺恨はやはり何かが起こる札幌に繋がっていくのでしょうか。

何にしてもオカダをシングルで倒せば「じゃ、二冠挑戦な」と言えてしまうことでしょう。

何せ二冠王の内藤哲也はタイチを倒して東京ドームの二冠争いに食い込んだのですから、オカダを倒せば内藤哲也が断ることができなくなりますからね。

また、何が面白いかってオカダカズチカという絶対王者ではなく、脆さという魅力もある内藤哲也が二冠であることによって『多くの選手にチャンスが生まれる』という緊張感があることですね・・・

オカダカズチカの場合は「強すぎて負けるところが見たい」という存在の面白さがありますが、内藤哲也の場合は「負けるかもしれない」という部分が魅力なんですよね。

スポンサーリンク

試合後にモクスリーが乱入して鈴木みのるを襲撃

タイチがオカダカズチカを痛めつけている中、突如としてモクスリーが乱入して鈴木みのるを襲撃。
気がついたらタイチとオカダはフェードアウトしていたので、狂犬モクスリーの間の悪さを感じてしまいましたが・・・(笑)


それでも激しいエルボーの打ち合い、そしてデスライダーでKOされながらもニヤリと笑う鈴木みのるの姿にこの続きが見れる日の期待感が無限に上昇しました。

そういえばこの日は4WAYマッチでデスペラードと金丸が王者組のSHOとYOHに勝利していますので、札幌大会では鈴木軍の大一番が多くなるのかもしれませんね。

オスプレイとザック・セイバー・ジュニアの争いもありましたのでブリティッシュヘビー級選手権も組まれるかもしれませんし、鈴木軍についてはそろそろ解散などもありそうかと思っていましたが・・・2020年に大チャンスが巡って来そうですね。


プロレスランキング

 

Twitter