ライガー・佐野VSヒロム・リーが決定!2020イッテンゴ東京ドーム大会の全対戦カードが決定
スポンサーリンク

昨日起こったドラゴンリー改めリュウリーからライガーへの挑戦。
そしてライガーはヒロムとも戦いたいと発言し、佐野直喜と組んで戦いたいというプランをぶち上げていましたが・・・すぐに決まりましたね!!

2020年1月5日、東京ドームで行われるライガー最後の試合は佐野直喜とライガーがタッグを組んでヒロム・リュウリーとの最初で最後の世代闘争を見せてくることになりました。

何とライガー組には「WITH 藤原 喜明」も入っていますので、昭和からのファンは涙が止まらないかもしれませんね・・・

2試合目はIWGPジュニアタッグ選手権試合石森・ファンタズモとSHO・YOHが戦いますが、気になるのは3試合目ですね。
これまた昨日起こった火種だったわけですが即決定したブリティッシュヘビー級選手権試合、王者ザック・セイバー・ジュニアにSANADAが挑戦することになりました。

EVIL・鷹木信悟・BUSHIは試合が組まれていないので(NEVER6人すらなし)SANADAはザックに救われましたね。

ただ・・・昨日も書きましたが、EVIL・鷹木・BUSHIはロスインゴの恩恵を受けれていない状態です。
今のままでは大田区で6人揃って全員王者ののロスインゴを見せる可能性もなくなりましたし、そろそろロスインゴから抜ける人間も出てくるだろうなぁとは思いますね。

スポンサーリンク

ジュース・ロビンソンは2日連続でタイトルマッチが決定

1月4日に争われるUS王座戦(モクスリー&ランス・アーチャー)の勝者がなぜか5日にもタイトルマッチをすることになりました(笑)

ジュース・ロビンソンが挑戦者ということでワールドタッグリーグで推しまくったフィンレーではないことも意外だったりするのですが、ジュースがこのポジションで挑戦するにはもう少しランスにリベンジしてからじゃないと違和感がありますね・・・。

それに1月4日にデスマッチを行うモクスリーとランスですが、モクスリーが勝利すれば王座戴冠から24時間での防衛戦となってしまいますし、ランスからすれば24時間で2試合の防衛戦を勝ち抜かないとベルトを失うという状態。

どう考えても有利で得してるのはジュース・ロビンソンです(笑)

もちろんジュース・ロビンソンも前日にIWGPタッグ挑戦をしますが、彼の場合は24時間で2回挑戦者の立場になり24時間の間に二冠王になる可能性があるわけです。

メインのIWGP&ICが60分フルタイムドローになり、気がつけば6日に二冠王として登場するのはタッグ&USを手にしたジュース・ロビンソンやんけ!!というオチが待っているかもしれませんね・・・

また、KENTAと後藤洋央紀のNEVER戦も決定しました。
この試合は内容も楽しみですがその後も楽しみですね。

後藤洋央紀からすれば、つい先日まで「IWGPとICの二冠だ!」と話していたわけですから・・・勝ってNEVERを手に入れたとしてもファンが喜ぶことはないでしょう。
ただ、負けてしまえばKENTAに口でも負けて試合でも負けてで完全終了への道が見えてくるわけです。

何1つ後藤洋央紀が特をしないNEVER戦であり、王者KENTAもNEVERに興味がないような口ぶりの中で何をどういう形でファンに見せてくれるのか?

年明け早々、見る側の緊張感が高い試合となりそうですよ。


プロレスランキング

 

Twitter