スポンサーリンク

いくらヘナーレと組んでいるとは言っても
いくら東京ドームでジェリコ戦が決まっているとは言っても...

あの棚橋弘至が新日本プロレスの公式リーグ戦に参加して二桁敗北するというのはショックですね。
数字で見た時に棚橋組「2勝10敗」というのは中々のインパクトを僕は感じました。

相手はタマトンガとタンガロアだったので仕方ない敗戦ですが、結局このタッグがこのワールドタッグリーグで終わってしまうのであれば「人数合わせのエントリー」としか思わないファンもいるのではないでしょうか。

ワールドタッグリーグで10敗した選手が東京ドームでジェリコとスペシャルシングルマッチ...
これは棚橋アンチが喜びそうな展開なので僕としてはとても嫌ですね。

そもそも地球上の全てのことに対して「アンチ」って存在が僕は何のために生息しているのかわからないですが・・・(笑)

まぁ勝ち点10以下で終わるチームは来年のエントリー権は無しということでもいいと思います。
ただでさえ盛り上がらないワールドタッグリーグですが、人数を増やしすぎたワンリーグ制にしたことであまりに実力者が偏ってしまいましたからね。

王者組のタマトンガ・タンガロアはこれで勝ち点18の2位タイ。
まだ4試合ありますのでタッグ王者としてリーグ制覇の偉業を成し遂げる可能性も低くないですね。


プロレスランキング

 

Twitter