ボディガー選手が右大腿四頭筋の全断裂で世界最強タッグ決定リーグ戦を離脱
スポンサーリンク

世界最強タッグ決定リーグ戦に悲しい事件が起こりました。
30日の崔領二・ゼウスVS関本・ボディガーの試合終盤、ボディガー選手が急に立てなくなり・・・

そのまま、時間切れ引き分けとなりましたが診断結果は右大腿四頭筋の全断裂という大怪我。

当然今後のリーグ戦は出場できるわけもなく全試合が不戦敗となりました。

こんな状態でもその場に立ったままラリアットを打ち返すボディガー選手に涙が・・・

更には崔領二・ゼウスの世界最強タッグ王者がすでに脱落決定。

とんでもない波乱の世界最強タッグ決定リーグ戦になってしまいましたね・・・


プロレスランキング

 

Twitter