上村がSHOに叩き込んだエルボーとオカダカズチカに叩き込んだエルボーの差
スポンサーリンク

『上村!もっとイケ!!』

久々に画面に向けて叫んでしまいましたよ。

オカダカズチカと飯伏幸太の前哨戦となる3対3のタッグマッチは、試合開始前から上村の気合が凄い。
この頼もしいヤングライオンが向かったのはオカダカズチカ・・・ではなく、SHOでした。

IWGP王者を払い除けてSHOへの喧嘩を売るという意外なスタートとなりましたが、前日の試合後に「まだほかにやることがある」というのはこういうことだったのかと。

ジュニアでやっていくなら肉体美を誇るSHOというのは上村の壁になるはずですし、この戦いは数年後に必ずBOSJで実現していくことでしょう。

そんな二人の熱い戦いは、気がつけばオカダカズチカと上村の対峙となっていました。

SHOに打ち込んだように強烈なエルボーをオカダカズチカに入れる上村・・・いや、明らかにSHOに打ち込んでいる方が強い。
オカダカズチカの身長に対してエルボーをすることが慣れていないからなのか、、、遠慮がちに見えるエルボーを打ちました。

『上村!もっとイケ!!』はこの時に・・・つい。

それに対して鈴木みのるのような強烈なエルボーで上村を叩き潰すオカダカズチカ。
あれはヤングライオンを軽くあしらったのではなく「お前、何を遠慮してるの?」という怒りだったのかもしれません。




試合後にはオカダカズチカと飯伏幸太のマイク合戦がありましたが、少し気になったのが飯伏幸太の声。
長いシリーズの後半に声が潰れている選手は見ることがありますが、まだ参戦開始したばかりにしては声が掠れているというか、籠もっているような?

飯伏の声ってここまで低く聞き取りにくい声だったか?とかなり心配になりましたが・・・暫くはこの声にも注目しようと思います。


プロレスランキング

 

 

 

Twitter