スポンサーリンク

棚橋弘至とヘナーレというタッグチームは現地観戦(愛知県体育館)で見ても魅力的でした。
ただ・・・ワールドタッグリーグでの結果はこれで2勝6敗と優勝戦線に残るのは難しい状態に。

このタッグの大きなポイントは棚橋弘至と組むことでのヘナーレの成長であると思いますが、もう1つ重要なことが「棚橋弘至の自力でのイッテンヨン」ということだと思います。

イッテンゴに関しては棚からぼたもちならぬ棚にジェリコで大一番が決まりましたし、どこかでジェリコが乱入でもしてこれば棚橋とジェリコの戦いにスポットライトが更に当たるでしょう。

でも、棚橋弘至はまだイッテンヨンが決まっていませんし「IWGPタッグ戦でイッテンヨンへ行く!」という結果が欲しかったはずです。

そこへ向けての可能性を少しでも見せてほしかったですが・・・
やはり棚橋弘至がチーム名を口にすると短命というか発展しないジンクスがありますね(苦笑)

真壁刀義と組んだキングアンドエース、チームこっから。
考えてみればオカダと組んでも負け続けたのですからタッグ屋にはなれない運命なのかもしれません。

ただ、可能性はほぼ消滅してもヘナーレを育てるという目的はまだまだ続きます。
ワールドタッグリーグが終わった時にヘナーレがどれぐらいの存在になっているのか、そこに期待と応援をしていきたいですね。


プロレスランキング

 

 

Twitter