鷹木信悟はKENTAのNEVERを狙・・・わないか?
スポンサーリンク

鷹木信悟&テリブレとKENTA&高橋裕二郎の試合に期待されていたのは鷹木がKENTAのNEVERに対して色気を出すのかどうかだったのではないでしょうか。

今の状況なら後藤洋央紀がドームで挑戦するというルートがほぼ確定ですが、鷹木に対してタイトル戦線に行ってほしいという声はかなりファンの中から出ていますし、そもそもワールドタッグリーグで優勝する可能性が低いわけですから「鷹木ってドームで何するの?」という不安な状況ですからね。

僕も現地で観戦をしながら「鷹木がKENTAから取れば・・・」とワクワクしていたのですが、試合は鷹木が裕二郎を倒して終了。

試合後のコメントもNEVERの話題を出していますが、狙っている感じの気持ちは伝わってこない内容でした。

山梨の試合後でな、マイクで、『いずれ、来年はな、光り輝くものを腰に巻く』なんて言ったけど、今日たまたまNEVERのチャンピオンと当たったけど、KENTAか、オー、一発一発、強烈だなあ。なんか恨みでもあんのか、コノヤロー。まあでもよ、俺が今日、試合後、見たときには、NEVERのベルト、そんなに輝いて見えなかったぞ。オイ、それは、ベルトのせいなのか、チャンピオンのせいなのか。ま、俺は勝手に後者だと思ってるけどな。

僕としてはKENTA・後藤・鷹木で3WAYの3本勝負とかやってほしいんですけどね。
鷹木信悟ほどの選手を飼い殺す状態が続くのはちょっと・・・


プロレスランキング

 

Twitter