後藤洋央紀がKENTAとNEVERを意識?流石にこのタイミングでのNEVER狙いをファンは許さないのではないか。
スポンサーリンク

KENTAと石森が並ぶというNOAHっぽさにニヤっとするファンもいるのでしょう。
そこに邪道が加わってBULLET CLUBの日本人トリオという、少し前では考えられないようなトリオがアメリカに見参。

対する相手はCHAOSの後藤洋央紀・YOH・ロッキーロメロとなりましたが、試合開始前から後藤がKENTAをバチバチに意識していることが伝わってきました。

まぁ・・・そりゃわかりますよ。

大親友であり自分をLA道場で蘇らせてくれた柴田を裏切ったのがKENTAですしそのKENTAが柴田と後藤が巻いていたNEVERを腰にしているのですから許せないというのはわかるのです・・・が、時期が違うじゃないかと。

これ、冗談抜きで新日本プロレスファンは本当に怒ると思いますよ(苦笑)

後藤が助けにくるならKENTAが裏切った日でしょう?

遅くてもKENTAがNEVERを手にした時に最初に挑むべきだったでしょう!?




それが「ジェイに負ける気はしなーーーい!」「俺も二冠を目指す!!」と完全にKENTAへの柴田の怒りを背負ってリベンジすることを忘れてIWGPとインターコンチネンタルを狙いに行ったわけじゃないですか。

それでジェイに負けました、東京ドームに向けての道が細くなってきた途端にNEVERを狙うなんてことになったらNEVERにも柴田にも失礼じゃないですか。

試合後にKENTAとNEVERに対してアピールしたように見える後藤洋央紀ですが、これはちょっと武士道に反しますよ。


天然キャラだから許されるってことでもないでしょう。

IWGPとインターコンチネンタル、二冠。
ここから漏れてNEVERなんてNEVERの価値を落としますし、NEVERを馬鹿にしているとしか思えません。

正直このアピールをしただけでも僕は後藤洋央紀を応援し続けてきた1ファンとして心底悲しいです。

後藤だけはNEVERを大切に思っていてほしかったですよ。

今、新日本プロレスのファンはダブルタイトル戦などの件から「プロレスの王者とはなんぞや」「IWGPとはインターコンチネンタルとは」とベルトについて最も真剣に考えている時期です。

比較的新規のファンの人でもIWGPというベルトやチャンピオンというものに対して最大のリスペクトをしていることが物凄く伝わってきます。

そんな中で、後藤はNEVERに今アピールしたらダメじゃないですか。

「俺は俺だ!我が道を行く!」だけで済むようなことじゃないと思いますよこれは。

試合後のコメントを見るのが怖いですね...
NEVERどうこう言い出したら確実に不満を持つファンが世界中に多数誕生することになるはずですから。


プロレスランキング

 

Twitter