オスプレイの1月5日メイン発言に髙橋ヒロムも大絶賛!
スポンサーリンク

先日、電撃復活(試合はしていないが)した髙橋ヒロムとオスプレイのIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチが1月4日の東京ドームに決定しました。

お互いに思うところがあったのでしょう、記者会見では喋り倒しの二人でしたがフザケたように聞こえる中にもワクワクとドキドキが盛り沢山でしたね!!

まず「おっ、オスプレイ凄いこと言うじゃん!」と思ったのは「IWGPとインターコンチネンタルの二冠」も絡んでいる話でした。

オスプレイは『春頃から4日がIWGP戦、5日が二冠戦になると予想をしていた』が『大阪のメイン後にオカダカズチカが出てきてファンに歓声を求めた時に、ァンの反応は明らかに自分が耳にはIWGPの方が大きいように感じた』と。

まずこの時点で、この日に二冠統一戦が行われるという発表がいきなりあったことに対してチクリとする言葉を言えるのがオスプレイの凄いところですよね。下手したらこの後に怒られているんじゃないかと・・・(笑)




さて、重要なのはその後の言葉ですね。

自分がこの新日本で今年1番、1番頑張って、みんながいない穴を埋めて、みんなが戦えない時に自分が1番身体を張ってファンの為に自分の為に戦ってきたってたっていう自負がある。なので、やっぱり人々が、ファンが見たい試合を1月5日のメインイベントにするのが自分の中では1番しっくり来るかなと思っていて。それで、このオスプレイ対ヒロムっていうカードを1月5日のメインに持ってきたいなと自分はいまそう思ってる。もし自分が間違っていることを言っていると思うならぜひ自分にその旨を自分に言ってきて欲しい

1月5日のメインをオスプレイと髙橋ヒロムにしたいという思いを口にしたオスプレイに対して、髙橋ヒロムも大絶賛していましたね。

ただ、今回1月4日での開催と発表されている上に二冠戦があることも決定したのでカード変更は難しいと思います。

それでも、これを発言したオスプレイの気持ちとそれに呼応した髙橋ヒロムの気持ちはファンに伝わりましたし・・・何なら、それこそファン投票をするべきでは?という空気になれば、可能性は0ではないですよね。

まぁ、でも一番美しい形があるとするならば髙橋ヒロムが4日にIWGPを手にして、5日にライガーの引退試合の相手を王者として務めることだとは思いますけどね。


プロレスランキング

 

Twitter