© 馬券家/起業家/ライター竹内裕也公式サイト All rights reserved.

ボクシング

2013年の夏、立浪部屋の千秋楽パーティーへ行きました。

立浪親方や梅宮辰夫さんなどに会えましたが
個人的に嬉しかったのはボクシングの田中裕士選手に会えたこと。

畑中ジム所属で丁度この時はWBCユース・バンタム級になった頃でしたが
腰が低く礼儀正しくその上で強いのですからまさに男。

そういう人間にならないといけないなぁと思いました。

実はボクシングって文章にも似ているところがあります。

ジャブから入って徐々に一発のチャンスを伺う時とか
最初から打ち合う時とか、カウンター作戦とか
文章に置き換えて構成することができるんです。

他のジャンルを文章の流れに置き換えると
マンネリ化が防げるので、もし悩んでいる人は試してみてください。


ランキング参加中です!ぜひ応援してくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

元騎手 加藤誓二さんと対談

先日(株)テイクアップアームズとしての企画で 馬券家竹内裕也と元騎手加藤誓二さんでの対談を行いました。 年齢が近いことやトークが上手い…

20155/29

なぜクレーマーは存在するのか

先日、ある名古屋初出展のお店で食事をした時のこと。少々並んでいたのだが、こんな光景を目にしてしまった。店員『何名様ですか?』自分『2名で…

20151/24

敗退

さすがにこの負け方は想定外でした。日本代表、UAEにPKの末に敗戦しアジア杯をベスト8で終わるという最悪の結末です。中2日というスケジュ…

ページ上部へ戻る