メールマガジンというのは配信してみると驚くことに気がつきます。
それが何かと言えば、読者が自分で登録した癖に読んでないということが
そこそこ高い確率で起こっているということです。

自分で読みたいと言って読まない、下手すれば迷惑メール扱いをするのですから
気分屋な人間というのは扱いづらい物です(苦笑)

ただ、これは送る側が頑張ることで改善することもできます。

メールを開封させるために重要なこと、それは「件名」です。

例えば、あなたが明日から新商品を発売するとしましょう。
その時に以下のような件名でメールを送ったとします。

■明日新商品を発売します

これでは地味過ぎますし、メールを開く理由にはなりそうにありません。

ですが、こうならどうでしょうか?

■今日は重要な発表の前夜です。このイブメールの中に明日のヒントが!

これであれば、「何だ何だ?」と思う人も出てきます。

件名はメールの顔ですから、インパクトが重要になるということです。

ただ、スパムメールであるような『◯◯銀行です』のような
嘘を書いてしまってはいけません。

そんなメールを1通送るだけで社会的信用は無くなりますよ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事