「独立しようと思っているんだけど・・・」

そんなことを言われることが多くなっていますが
困ったことに半数以上が「何をするか決めていない」という
話を聞くだけ損というケースが目立ちます。

確かにパソコン1つあれば独立はできる時代ですし
僕自身もそういうところからスタートしているのですが
パソコンなんてものはただの箱であって
それをどう使うか?というのは自分次第です。

これは良いことではないということは先に書いておきますが
一時期流行したヒルズ族の一部とか、ネット起業で億単位の売り上げを出した
詐欺に近いことをしていた人達でも「どうやったら人を騙せるのか?」という部分で
かなり練りこんで戦略を立てていたわけです。

無料ブロクレベルの商品を作り、それをキャッチコピーや説明文
リスト集めやそのリストへの教育をして売りつけていた奴らも
根本的には結構なレベルの努力をしています。

最低限、必ずしなくてはいけないことは
「何を売るか、誰に売るか、売るとどうなるか」をイメージして
なるべくゴールに近いところに動いていくという作業です。

会社をやめて独立して屋号を取って何もしなかったら
それはただの無職と同じです。
いや、それより生産性がありません。

売り上げの無い経営者やフリーランスに価値はありませんからね。

Twitter

おすすめ記事