スポンサーリンク

私が生まれた時から日本に笑いを届けていた志村けんさんがコロナウイルスでお亡くなりになりました。

来月40歳の私は物心ついたときから8時だよ全員集合を見ていましたし、その後はドリフ大爆笑・カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ・志村けんのだいじょうぶだぁ・バカ殿などなどをずっと見てきましたし、最近では志村動物園の園長としての活躍も当然見続けていました。

また、私がまだ水商売をしていた10年以上前、志村魂で名古屋に来られていたときにはウチのスナックを気に入ってくださって、4日間レ連続でダチョウ倶楽部の上島さんやリーダー、地井武男さんを連れてご来店していただきまして、私もお話をさせていただいたことがあります。

当時の僕はまだガリガリに細くて金髪のロン毛で色が真っ白という今とはかけ離れた状態だったので、志村さんが「お兄さん、上島はお兄さんみたいなの好きだから気をつけたほうがいいぞ(笑)」なんて冗談を言ってくださったり・・・

いや冗談だったのかどうか怪しいところで、上島さんは僕のいるカウンターまで移動してきて「本当に女性みたいですよね、お化粧とかしているんですか?」と話しかけてくださったので冗談ではなかったのかもしれませんが(笑)

何にしても僕からすれば目の前に毎日スターがいてお話できるという状況は今思い出しても興奮しますが、残念なことにこれまでと違うのは「スターと出会ったことがある思い出」ではなく「故人を偲ぶ思い出」になってしまったことです・・・

プライドが高いのに気取っていない、志村さんを尊敬した

元々、あるお客様から「来週志村さんを連れてくる」と言われていたのですが、私は「まさかw」と思っていました。

しかし、その瞬間は本当に訪れました。

志村けんさん、上島竜兵さん、リーダー、地井武男さんが店内に入ってくると他のお客様も私も固まりました(笑)

初日は多くの方に囲まれてのご来店という状況でしたが、お酒を運んだりする私は手が震えて大変でした。
そんな私に志村さんを連れてきてくれた常連様が「裕也くん、本物だぞ(笑)」と言ってくださったので、面白いことの1つでも言いたかったですが・・・ガチガチに固まり言葉の出ない私に志村さんは「そんな緊張しなくていいよ」と言ってくださいました。

そんな夢のような時間が終わり、翌日お店に行きいつものように働いていると、何と・・・

 

志村けんさん御一行が店内へ!?

「お、お忘れ物でもありましたか??」と尋ねると「いや、飲みにきたんだよ」と。

何とお店を気に入ってくれて、芸能人メンバーだけでご来店してくださったのです。

こうなると会話をできるチャンスも増えますので色々な会話やシーンを見ることができました。
「アイーンやってよ!」という女の子に対して「仕事以外ではやらないから」と断る志村けんさんの隣で「クルリンパ」を何度もやる上島竜兵さんの流れには大爆笑でしたし、兎にも角にもスケベで面白くてプライドが高くて優しくて、人としての格が自分と違いすぎることに感動する場面が何度も訪れました。

そして、翌日の志村魂の舞台に招待していただいたのですが・・・

前日は閉店まで飲み続けて浴びるようにお酒を飲んだこの4人が、翌日にはステージ上で爆笑を取りまくりながら長いステージを行っているパワーに圧倒されたことを今でも鮮明に覚えています。

スポンサーリンク

志村さんにじゃばらドリンクをプレゼントした

実は「志村けんが当店へ来る」という話を信じていないとは言え、もし来るなら舞台に向けて差し入れがしたいと思っていた私は『喉に良く免疫が上がる』ということを聞きつけて『じゃばらドリンク』を個人的に購入していました。

初対面のときはお渡しできず、翌日もまさか来られるとは思っていなかったので渡せていなかったのですが「もしかして」と思い3日目に準備してお店へ行くと、、、何と3日連続でのご来店!

浴びるように飲む→翌日舞台→浴びるように飲む→翌日舞台、ということで完全に声が潰れている志村けんさん御一行に『これ、喉に良くて免疫も上がるじゃばらドリンクです。飲んでください』とプレゼントすると「おお、ありがとうありがとう」と喜んでくださいました。

その時に、志村さん、リーダー、地井武男さんの前だけにじゃばらドリンクを出して上島竜兵さんには出さないというボケをビビりながらやってみたのですが、ちゃんと上島さんは帽子を投げて「俺のはないのかよ!」と突っ込んでくださいまして、志村さんも笑ってくれました。

「あれ?これって志村けんを笑わせたことになるのかな?」

と、興奮してその夜は眠れなかったです(笑)

だって何万回もテレビを通して笑わせてくれた人を笑わせるチャンスなんて滅多にないですからね・・・

結局、その次の日もご来店してくださったのですが、私にとっては夢のような4日間でした。

大切な思い出です。

スポンサーリンク

志村けんという全世代が好きなコメディアンが最後に残したものは涙だった。

そんな志村けんさんがコロナウイルスにかかったという報道は衝撃でした。
ただ「だいじょうぶだぁ」と復活してくれると信じていました。

ですが、報道からたった6日間後、喜劇王・志村けんは帰らぬ人となりました。

これだけ人を笑わせた人が日本中を涙にして終わるなんて、何という無念か。

主演映画もNHKドラマ出演も決まっていて、70歳まだまだこれからという時に、なんで。

そりゃあね、考えてしまいますよ。
バタフライエフェクトじゃないですけど、さっさと中国が隠蔽せずに公表していたら?とか、日本はなぜあんな状態で鎖国できなかったのか、オリンピックが今年じゃなければもっと早く東京都も対策を打っただろうしそれなら志村けんは生きていたのではないか、とか。

コロナウイルスに思うこと、日本に思うこと

色々と許せないことはありますよ。

全部ぶちまけて書いたら炎上するかもしれません。

だからオブラートに包んで書きます。

すぅぅぅぅぅぅ

『頭悪いやつ多すぎるよ』

ふぅ。

コロナになっても関係なく遊び回る老人。
コロナなんて平気さと遊び歩く若者。
こんな時期に海外旅行に行ってコロナウイルスを持ち帰る馬鹿者。

お前ら、間接的な殺人犯だぞ。

もちろん全員が自粛したら経済が回らないし、首を吊る人も出てくるよ。

昨日、小池都知事が「夜の遊び禁止」と言ったことで、スナック・ラウンジ・クラブ・キャバクラで潰れる店が大量に出てくるでしょう。

だけどさ、最初の段階から全員で痛みを共有して耐えるべきだったんじゃないのかよ。

バラバラに行動してたら自粛の意味もないだろ。

国も何をしていた?

自民党よ、お前たちはオリンピックを優先して全てが後手後手に回った。
野党よ、お前たちはコロナウイルスの初動で動くべきときになぜ桜を見る会だのしていたんだ。

大体、中国からスタートしてヨーロッパやアメリカで拡大した後に日本の東京で増えるとか、普通に考えたらおかしいことがわかるだろうよ、目を覚まそうよ日本人。

みんながみんな「誰のせいでもない」なんて言うほど優しくないよ?

「大丈夫大丈夫」と呼びかけるお花畑の人たちにしても、インフルエンザの方が怖いしコロナウイルスなんて平気と言っていた学者・医者、そう簡単に逃げ切らせてくれる人ばかりじゃないよ。

経済的なことを含めばどれだけの人が日本で、世界で、死ぬのか。

めぇ覚ませよ!!マジで。

検査したら医療崩壊?
イタリアはギリギリの状態の人が増えたから病院に人が殺到しただけで、何でも無い人が殺到して増えたわけじゃないからな?

東京が昨日13人しか患者がでなかったから解決?
東京はPCR検査を日曜日はお休みしてますよ。

私にも婆ちゃんがいる。
親もそろそろ高齢だ。

身勝手な人間のせいで身内を殺されたらたまったもんじゃないですよ。

東日本大震災の時にあれだけ団結してからまだ10年も経っていないじゃないか。

世界が団結する、世界が絆を感じる、そんなオリンピックは延期になったけど、今、まさにオリンピックの精神で戦うべきなんじゃないだろうか?

と、私は思いますけどね。

 

 

Twitter