スポンサーリンク

新日本プロレス公式youtubeチャンネルに鈴木軍ヒストリーがアップされました。

元々はといえば出戻りの小島聡が「小島軍(仮)」を作り、それを乗っ取られる形で鈴木みのる・タイチ・TAKAみちのくが作り出したのが鈴木軍となり、そこから現在に至るまで新日本プロレスで活動をしています。

この時期、2010年代に入ってからの新日本プロレスのユニットというのは本当に寿命が長く、CHAOSを始めとして「選手の出入りはたまにあるがずっと続いている」というユニットばかりで、プロレス界の歴史を振り返っても珍しい時代ですし、20年後にプロレスファンになった人が過去を調べた時に「この時期のユニット活動長いな!!」と思うことでしょう。

鈴木軍は鈴木みのるという全身から恐怖を溢れさせる男が子分を引き連れて新日本プロレス制圧を狙うユニットでしたが、ただのヒールユニットではありません。

この歴史の中で鈴木軍にはメンバーの不祥事などもありましたが、そこはボスが常に「仲間は見捨てない」という思いを見せてきましたし、ワンピースのような「海賊だけど悪いやつでもない、自分の正義を持っている」というユニットであったと思います。

そんな中で子分であったタイチが、今では鈴木軍のトップと言えるまでに試合・言動・人気でも成長し、鈴木みのるは一歩引くような形にはなっていますが、全ユニットの中で「この先どういう動きを見せるのだろうか?」という部分では一番面白い状況にあるのが鈴木軍なのではないでしょうか。

 

ただ、悲しいかな絆で動いている任侠的なユニットのはずなのにTAKAみちのくがフェードアウト、ランス・アーチャーも存在感を増したところでAEWへ移籍と、何も無かったように人が減っていくということが目立つのは残念なところなんですよね。

やはりプロレスラーたるもの団体を離れる前には一騒動起こして盛り上げていってほしいものですし、鈴木軍全体として色々な伏線が無かった事になったりすることも多く、少々気の毒な場面に出くわすことが多いユニットであったことは事実。

これから5年続くには年齢層の高いユニットですし、どこかで新日本プロレス制圧&有終の美を飾るシーンを見ることができればいいのですが・・・

 

Twitter