後藤洋央紀、またしても天下取りの2歩前で討ち死に...
スポンサーリンク

後藤洋央紀に対しては多くのファンが「背水の陣」「ラストチャンス」という声を何年も前から使ってきましたが、今回こそ本当に最後の最後という状況だったのではないでしょうか。

LA道場で柴田とともに作り上げてきた新後藤洋央紀をG1で見せて、そしてたどり着いたインターコンチネンタル戦ではありました・・・事前のインタビュー(新日本プロレス公式)から少しズレている発言が多くファンからの批判が上がる中で、結果だけはとりあえず手に入れないといけない状況でまたしても敗北。

確かにKENTAの介入はありましたが、それにしても負け方も良くありませんでした。


NEVERを防衛したKENTAが乱入して後藤に蹴りとgo 2 sleepを食らわし、助けに入った柴田も場外でKENTAの強烈な蹴りを食らうという状況になりました、ここまではいいのです。


ここで柴田のためにも立ち上がり大暴れする荒武者の姿が見れる!と手に汗握る状況になったのですが・・・

気がつくと、後藤は力なくジェイに捕獲されておりブレードランナー1発で3カウント負け。

松木安太郎さんなら言うでしょう「なんなんすかこれ」と。

スポンサーリンク

これでNEVER挑戦をしてもファンの支持を得ることはできないのではないか

流れ的には綺麗なのかもしれません。
柴田を裏切りNEVERを手にしたKENTAが石井を相手に防衛し、後藤の夢を砕く介入までしたと。

・親友柴田の敵
・盟友石井の敵
・直接の復讐

全てが揃ったNEVER戦になるわけですから、KENTAと後藤洋央紀が組まれる可能性は高いでしょう。

そして奪取した先には鷹木信悟がシングルベルトに絡んでこれるチャンスでもありますし、かなり先々まで考えてもこうなる方が流れが良いことはわかるのですが・・・

二冠宣言までしておいて急にNEVERですか?と。
NEVERとCHAOS入が後藤洋央紀をIWGPやトップ戦線から遠ざけたとも言えるのに、またそこに戻るしか無いんですか?という感じじゃないですか。

これは、後藤洋央紀のファンであればファンであるほどガッカリしてしまうのではないでしょうか・・・

それなら柴田選手もアレだけの蹴りを食らえるぐらいまで回復しているわけですし、後藤・柴田でワールドタッグリーグに参戦してIWGPタッグの価値を二人で上げていくという、ファンが見たかった光景・やり残したことを実現してほしいですね。


プロレスランキング

 

Twitter