ヤングライオン杯は今日も熱い!コグリンが2連勝で暫定首位へ、リチャーズは前日負けたと勘違い?
スポンサーリンク

昨日、マイケル・リチャーズ選手のことを書いた時に「ハリウッドザコシショウに似てる」と書いては消し、書いては消しと悩んでいたのですが・・・タイチ選手がTwitterでまさにズバリ「ハリウッドザコシショウが試合してんのか思った」と書いていたので、自分もビビらずに書いておけばよかったと後悔(苦笑)

さて、そんなマイケル・リチャーズはアレックス・コグリンとのヤングライオン杯公式戦を迎えましたが、コグリンの完成度の高さが目立つ試合でした。
最後は変形の監獄固めでの勝利でしたが、コグリンはマニア受けというか玄人受けしそうなレスラーですね。

試合後のリチャーズは『今日も負けてしまった、残り5試合は俺がものにする』と発言していますが・・・、あれ?昨日上村に勝ってませんでしたっけ??勝ってますよね・・・。

記憶が飛んでいるのか、昨日の公式戦白星スタートを負けたものと思っているのでしょうか(笑)

さて、LA道場対決のコナーズとフレドリックスの試合も見所が満載でした。
意地の張り合い、技術のぶつかり合い、10年後にこのマットの上でドル箱カードになっているかもしれませんね・・・


試合はフレドリックスが勝利して初白星となりました。
個人的には海野・成田・コナーズ・フレドリックスが4強で優勝争いをすると想像していますが、すでに現時点でコナーズが海野に勝利し、フレドリックスに負け。フレドリックスが成田に負けと混戦化しそうな匂いがしています。




8日の東金大会で行われる海野と成田の試合は今後を占う重要な試合ですね。
ヤングライオン杯の今後だけではなく新日本プロレスの今後を占う試合と言っても過言ではないでしょう。


このヤングライオン杯に出場しているメンバーが早ければ3~5年後、遅くとも10年後にはメインイベンターになっているはずです。
第3世代がそうだったように、、、やっぱりあの頃から見ていた人は今でも第3世代への感情移入が強いと思いますが、ある意味では一番勢いのある時代に本気の戦いを見ることができるヤングライオン杯っていいよなぁって心から思います。


プロレスランキング

 

Twitter