NOAHのNー1 VICTORY開幕。もっと他団体に喧嘩を売ってほしかった。
スポンサーリンク

NOAHのNー1 VICTORYが明日から開幕となります。
伝統のグローバルリーグの名をNー1 VICTORYに変更して、新しい船出となるNOAHですが・・・

まず清宮がエントリーしていないということについては賛否両論があると思います。

・Aブロック
丸藤正道 杉浦貴 潮崎豪 マサ北宮 アレックス・ハマーストーン

・Bブロック
中嶋勝彦 谷口周平 拳王 望月成晃 イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

ただ、それ以上に僕が思うこととしては『もっと仕掛けても良かったのでは!?』です。

これは、もう少しで10年の歴史となったグローバルリーグの名称を「Nー1 VICTORY」と変更したという部分に対してです。




N-1、という名称だけ見れば当然新日本プロレスのG1を意識しているというかある意味喧嘩を売るようなところがあるでしょうし、拳王選手も週プロのインタビューで「G1とチャンピオンカーニバルと肩を並べるところまで持っていきたい」と力強い発言をしています。

ただ、プロレスの業界というのは「少々むちゃくちゃ」でもいいと思うのです。

もちろんコンプライアンスは今の時代厳しいですが、例えば昔のUFWの「1億円トーナメント」じゃないですけど、他の団体に喧嘩を売るならもっと思いっきりやればいいと僕は思うんですよ。

例えばグローバルリーグのGを取ってG-1としてもよかったでしょうしG-1カーニバルぐらいまでやってしまえば、相当なインパクトがあったと思います。

やはりプロレス団体やプロレスラーというのは石を投げてその波紋がどこに届くか?ということはしてほしいんですよね。

 

新日本プロレスが低迷していた時に絶好調だったNOAH。
新日本プロレスが盛り返したのですからNOAHだってその可能性は無限にあるはずです。

だからこそ見ていてもどかしくなるんですよね・・・

鎖国して中途半端に喧嘩を売るなら、全力全開で喧嘩を売る姿勢になってほしいんですよね。


プロレスランキング

 

Twitter