悲しいはずの青木篤志追悼大会で見えた全日本プロレスの明るい未来
スポンサーリンク

青木篤志選手があまりに唐突に天国へ行ってしまってから、まだ誰も気持ちに区切りがつかない中で行われた全日本プロレスの青木篤志追悼大会。

そりゃもちろんどんな角度から見たって青木選手が生きていてくれた方が良かった。
ただ、青木選手が死んでしまったという悲しい事実の先にあったのは素晴らしい大会でした。

メインイベントとなったのは宮原健斗・青柳優馬・丸藤正道 VS 諏訪魔・石川修司・谷口周平。

全日本プロレスのメインに丸藤正道が立ち、そして全日本プロレスの象徴である宮原健斗と同じコーナーに立つ。
しかもこの二人がバチバチに意識し合っている中で試合が行われるというのはまさに刺激的でした。


そんな中で全日本プロレスの強さを見せる諏訪魔、そして負けてしまったものの何度叩き潰されても歯を食いしばり立ち上がる青柳優馬の姿というのは全日本プロレスの未来をひしひしと感じました。

NOAHはやや鎖国ムードを持つ団体ですが、やはりNOAHと全日本プロレスというのはどこかで遺伝子が繋がっているべきだと思いますし、丸藤が宮原を「なんぼのもんじゃい」と品定めしていく姿にはある種の希望のようなものを感じました。


試合後にソッと宮原の足を踏む丸藤...(笑)
新日本プロレスに来たときのオカダへの態度などもそうでしたが、丸藤の若い選手への意地の悪さというのは素晴らしい魅力です。

考えてみると、こんな行動ってプロレスならではじゃないですか。

他のすべてのスポーツなら出場停止になる侮辱行為です(笑)
でもそれはプロレスでは許されることですし、たった数秒ここで足を踏みつけたことが未来に繋がる可能性があるというのがプロレスの本当に面白い部分ですね。




ところで、やはり全日本プロレスで気になるのはいつの間にかプライベートで仲良くなった岩本選手。
元々は近所のスポルティーバでデビュー当時から見ていた選手なので思い入れがありましたが、超好青年で強くてプロレスを心から愛している人だということは実際にお話をして感じたのでよりファンになりました。

この日はデカい相手との真っ向勝負でしたが、あと一歩というところまでゼウスを追い込みました。
試合終盤の切り返しの攻防は思わず声が出るほどの高レベルな戦いでしたし、孤高の芸術さえ決まっていれば・・・という激戦でした。


全日本プロレスは大型の選手が多いので多少体格で不利に見えますが、実際に岩本選手を見れば他の団体ならヘビーでもなんら遜色ないという肉体を持っています。

今はアジアタッグの防衛、そして青木選手からは奪還できなくなってしまいましたが世界ジュニアを必ず取り戻してほしいという思いで応援していますが、世界ジュニアを持ったままで三冠ヘビー級に挑戦してほしいんですよね・・・


プロレスランキング

 

Twitter